○伊平屋村新型インフルエンザ対策本部設置要綱

平成21年5月28日

告示第11号

(目的)

第1条 この要綱は、国外、国内及び村内における新型インフルエンザが発生する事態に備え、関係課の連携により、感染の拡大防止と早期対応の充実をはじめ必要な対策を迅速かつ総合的に推進し、村民の健康被害を防止するとともに社会機能を維持するため、「伊平屋村新型インフルエンザ対策本部」(以下「対策本部」という。)を設置することに関し必要事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 村長は、新型インフルエンザが国内で発生するおそれがある場合、内外の情勢を踏まえ速やかに対策本部を設置するものとする。

(構成)

第3条 対策本部の構成は別表のとおりとする。

(会議の招集)

第4条 対策本部会議は本部長が招集し、これを主宰する。

(所管事項)

第5条 対策本部は次に掲げる事項を所掌する。

(1) 新型インフルエンザ発生動向の把握に関すること。

(2) 村内における新型インフルエンザの感染予防と治療に関すること。

(3) 村内発生時における社会機能維持に関すること。

(4) 村民に対する正確な情報の提供に関すること。

(5) その他対策本部の設置目的を達成するために必要なこと。

(庁内連絡会議)

第6条 新型インフルエンザ対策に関する業務を迅速かつ効果的に推進するため、庁内連絡会議を設置する。

2 庁内連絡会議は、住民課長が招集する。

3 庁内連絡会議の構成、開催時期等は別に定める。

(関係機関に対する要請)

第7条 本部長は、対策本部の設置目的を達成するために必要がある場合には、医療・消防等の機関に対し、対策本部会議に出席を求めるものとする。

(事務局)

第8条 対策本部及び庁内連絡会議の事務局は住民課に置き、事前準備から発生の各段階に応じ、総務課との分担と連携により運営する。

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか、伊平屋村災害対策本部設置条例に準じ、対策本部について必要な事項は本部長が定める。

附 則

この要綱は、平成21年5月28日から施行する。

別表(第3条関係)

本部長

村長

副本部長

副村長

本部員

教育長

総務課長

住民課長

農林水産課長

会計管理者

議会事務局長

教育課長

財源対策課長

土木空港課長

公営企業課長

農業委員会事務局長

本部が指名する者

伊平屋村新型インフルエンザ対策本部設置要綱

平成21年5月28日 告示第11号

(平成21年5月28日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 生/第1節 保健衛生
沿革情報
平成21年5月28日 告示第11号