○てるしのの島観光大使設置要綱

平成22年3月10日

告示第5号

(目的)

第1条 観光産業は、農水産業をはじめ他産業への波及効果も大きく、村民福祉の向上及び村発展の源泉ともなり得る要素を秘め、村経済を牽引する先導的な産業として期待されている。このため、本村の観光資源や魅力を広く村外に発信しイメージアップを図るため、てるしのの島観光大使(以下「大使」という。)を設置する。

(大使の認証)

第2条 村の課局長及び関係機関は、前条の目的達成に相応しい者を大使として、村長に推薦することができる。

2 村長は、村のイメージアップに寄与することが認められ、かつ大使として相応しいと認められる者を認証し、認証状を交付するものとする。

(大使の任務)

第3条 大使は、次の活動を行うものとする。

(1) 村の自然や歴史・文化をはじめ、特産品等、村の魅力的な観光資源を広くピーアールする。

(2) その他、村のイメージアップを図るための活動

(大使の任期)

第4条 大使の任期は5年とし、再任を妨げない。

2 村長は、本人の申し出又は大使として相応しくない行為等があった場合、大使の認証を取り消すことができるものとする。

(報酬)

第5条 大使は無報酬とする。

(資料の提供)

第6条 村長は、大使の活動に必要な資料を随時提供するものとする。

(委任)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行する。

てるしのの島観光大使設置要綱

平成22年3月10日 告示第5号

(平成22年3月10日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 商工・観光
沿革情報
平成22年3月10日 告示第5号