○伊平屋村立幼稚園保育料条例

平成27年3月27日

条例第8号

伊平屋村立幼稚園授業料徴収条例(昭和49年条例第2号)の全部を次のように改正する。

(趣旨)

第1条 この条例は、伊平屋村立幼稚園(以下「幼稚園」という。)に入園した園児の保育料について必要な事項を定めるものとする。

(保育料)

第2条 幼稚園に入園した園児の保育料は、園児1人につき、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)に基づき内閣総理大臣が定める基準額を上限として村長が規則で定める額とする。

(保育料の納付)

第3条 幼稚園に入園した園児の保護者は、前条に定める保育料を村長が指定する期日までに納めなければならない。

(保育料の滞納)

第4条 村長は、保育料につき滞納がある場合で必要と認めたときは、園児を出席の停止又は退園させることができる。

(保育料の減免)

第5条 村長は、次の各号に該当する者であって適当と認められる者に対しては、第2条に定める保育料を減免することができる。

(1) 園児が登園しないことが月の初めから来月まで及ぶとき。

(2) 生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による保護を受けている世帯

(3) 当該年度に納付すべき村民税が非課税となる世帯

(4) その他別の理由がある者で村長が認める世帯

(委任)

第6条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

伊平屋村立幼稚園保育料条例

平成27年3月27日 条例第8号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成27年3月27日 条例第8号