○伊平屋村児童生徒島外諸教育活動支援交付金交付要綱

平成27年3月31日

告示第19号

(趣旨)

第1条 この要綱は、伊平屋村立学校に在籍する児童・生徒の島外での諸教育活動への参加に要する経費について予算の範囲内において交付金を交付するため、伊平屋村補助金等の交付に関する規則(昭和48年訓令第3号。以下「訓令」という。)に規定するもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「諸教育活動」とは、次の各号に掲げるものをいう。

(1) 各スポーツ大会

(2) その他文化交流や競技力向上を目的としたもの

(交付金交付対象者)

第3条 交付金の交付対象者は、当該諸教育活動へ参加する児童・生徒及び指導者2名以内(監督・コーチ含む)とする。

(交付金象経費)

第4条 補助金の対象となる経費は、児童・生徒及び指導者が諸教育活動に参加するために要する交通費及び宿泊費、並びにその他必要と認められた経費とする。

(交通費)

第5条 交通費は、諸教育活動に参加する児童・生徒及び指導者の船賃及び車両(3~5m)の航送運賃とし、別表のとおりとする。

(宿泊費)

第6条 宿泊費は、諸教育活動に参加する児童・生徒及び指導者の宿泊に要する実費とし、別表のとおりとする。

(その他経費)

第7条 その他の経費は、事業の遂行に必要と認められた経費とし、別表のとおりとする。

(交付金の交付申請)

第8条 交付金の交付申請は、学校長又はクラブの代表者が児童生徒島外派遣計画書に基づいて、児童生徒島外派遣等支援事業補助金交付申請書(別記様式)により、次の各号に掲げる書類を添付の上、村長に提出しなければならない。

(1) 児童・生徒島外派遣等支援事業補助金交付申請書

(2) 児童生徒島外派遣計画書

(事業実施報告)

第9条 補助の交付を受けた団体等は、当該事業年度の事業実施報告書を村長へ提出しなければならない

附 則

(施行期日)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第5条、第6条、第7条関係)

交付対象経費

交付対象範囲

交付額

交通費

①児童・生徒船運賃(選手・マネージャー等)

実費

②指導者船運賃(監督・コーチ等)

実費

③県外大会派遣における航空運賃

実費の半額

④車両航送運賃(3~5m:1台当たり)

※交付対象は2台までとする。

実費

宿泊費

①児童(小学生)宿泊費(1人当たり)

実費

(上限2,000円)

②生徒(中学生)宿泊費(1人当たり)

実費

(上限3,000円)

③指導者宿泊費(1人あたり)

実費

(上限3,000円)

④県外派遣宿泊費(1人あたり)

実費の半額

その他の経費

①事業の遂行に必要と認められた経費

実費

(上限3,000円)

様式 略

伊平屋村児童生徒島外諸教育活動支援交付金交付要綱

平成27年3月31日 告示第19号

(平成27年4月1日施行)