○飯島町地域福祉センター設置条例

平成6年3月28日

条例第1号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定により、飯島町地域福祉センター(以下「地域福祉センター」という。)の設置について必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 地域における福祉活動の拠点として町民に対する各種の福祉サービスを総合的に行い、もって福祉の推進と意識の高揚を図るため、地域福祉センターを設置する。

(名称及び位置)

第3条 地域福祉センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

石楠花苑

飯島町飯島2551番地

(職員)

第4条 石楠花苑に、所長及び次長のほか、必要な職員を置く。

(施設)

第5条 地域福祉センターにデイサービスセンター、ショートステイ居室等を設ける。

(利用者の範囲)

第6条 地域福祉センターの施設を利用することができる者は、町内に居住する者で、次の各号に掲げる者とする。

(1) 第2条に定める福祉活動のために利用する者

(2) 介護保険法(平成9年法律第123号)の規定による通所介護に係る居宅介護サービス費若しくは居宅支援サービス費の支給に係る者

(3) その他町長が特に認める者

(平成12条例10・一部改正)

(利用の申請及び許可)

第7条 地域福祉センターを利用しようとする者は、あらかじめ町長に申請し、許可を受けなければならない。

(利用料)

第8条 地域福祉センターの利用料の額は、次に定めるところによる。

(1) 利用料の額は介護保険法による介護に要する費用の額の算定方法(平成12年厚生省告示第19号)別表指定居宅サービス介護給付費単位数表により算定して得た額とする。

(2) 前項に規定する介護報酬に定めがない利用料の額は別に定める。ただし、町長が特に必要があると認めた者については、当該利用料を免除することができる。

(平成12条例10・全改)

第9条 削除

(平成12条例10)

(賠償責任)

第10条 利用者が故意若しくは過失により施設・設備等を破損し、又は紛失したときは、町長の命ずるところによりこれを原状に復し、又は損害額を賠償しなければならない。

第11条 削除

(平成17条例15)

(補則)

第12条 この条例に定めるもののほか、地域福祉センターの管理及び運営に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成6年4月1日から施行する。

(議会の議決に付すべき公の施設の利用及び廃止に関する条例の一部改正)

2 議会の議決に付すべき公の施設の利用及び廃止に関する条例(昭和44年飯島町条例第17号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成9年条例第5号)

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成12年条例第10号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成17年条例第15号)

この条例は、公布の日から起算して14月を超えない範囲内において規則で定める日から施行する。

(平成18年規則第3号で平成18年4月1日から施行)

飯島町地域福祉センター設置条例

平成6年3月28日 条例第1号

(平成18年4月1日施行)