○飯島町農業農村活性化施設管理規則

平成7年3月24日

規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、飯島町農業農村活性化施設の設置等に関する条例(平成7年飯島町条例第3号。以下「条例」という。)第7条の規定により、飯島町農業農村活性化施設(以下「農業農村活性化施設」という。)の管理について必要な事項を定めるものとする。

(平成28規則2・一部改正)

(使用の許可申請)

第2条 条例第4条に規定する許可を受けようとする者は、2年を超えない期間の範囲内で販売施設使用許可申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 許可を受けた事項を変更しようとするときは、販売施設使用許可変更申請書(様式第2号)を町長に提出しなければならない。ただし、許可期間の延長の変更はできない。

(許可証等の交付)

第3条 町長は前条による許可をしたときには許可証(様式第3号)を当該申請者に交付するものとする。

(使用記録の整理)

第4条 販売施設の使用者は使用の度に時間、人員等の記帳を行い記録を整理しておかなければならない。

(使用料の納付)

第5条 販売施設の使用者は、使用料を次により納付しなければならない。

(1) 電気料、ガス料、水道料等の光熱水費相当額

(2) 電気、ガス、水道にかかる基本料金及び、従量料金は使用割合により使用者と協議し決定する。

(平成18規則17・一部改正)

(遵守事項)

第6条 販売施設を使用する者は、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 農業農村活性化施設の土地、建物の形状を損傷又は滅失させる行為をしないこと。

(2) 農業農村活性化施設の室、又は備品をき損しないこと。

(3) 農業農村活性化施設内部において公の秩序又は善良な風俗を乱す行為をしないこと。

(4) 他の使用者の迷惑となる行為をしないこと。

(5) 備品を農業農村活性化施設の外に持ち出さないこと。

(6) 所定場所以外で喫煙し、又は火気を使用しないこと。

(平成28規則2・一部改正)

(許可の取消し等)

第7条 町長は、販売施設の使用者が前条各号の一に該当すると認めるとき、又は該当するおそれがあると認めるときは、使用の許可を取消し、又は使用を中止させることができる。

(使用後の処理)

第8条 販売施設の使用者は、室又は備品の使用を終了したときは当該室又は備品を清掃し又は修理してその旨を町長に届け出なければならない。

(指定管理者に管理を行わせる場合)

第8条の2 第6条の4の規定により、飯島町農業農村活性化施設を指定管理者に管理させる場合は、第2条第3条及び第7条の規定中「町長」とあるのは「指定管理者」と、第2条第4条第6条第7条及び第8条規定中「使用」とあるのは「利用」と、第2条の規定中「販売施設使用許可申請書」とあるのは「販売施設利用許可申請書」と、「販売施設使用許可変更申請書」とあるのは「販売施設利用許可変更申請書」と、第4条から第8条までの規定中「使用者」とあるのは「利用者」と、第8条の規定中「使用後」とあるのは「利用後」と読み替えて、この規定を適用する。

(平成18規則17・追加、平成28規則2・一部改正)

(補則)

第9条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成18年規則第17号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

様式 略

飯島町農業農村活性化施設管理規則

平成7年3月24日 規則第2号

(平成28年2月9日施行)