○飯島町農業集落排水施設条例

平成11年3月23日

条例第2号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定により農業集落排水施設(以下「排水施設」という。)の管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(令和元条例16・一部改正)

第2条及び第3条 削除

(令和元条例16)

(用語の意義)

第4条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 汚水 し尿及び家庭雑排水(工場排水、雨水及びその他特殊な排水を除く。)をいう。

(2) 排水施設 処理対象区域において、町が設置及び管理する排水管路及び附属施設の総体をいう。

(3) 排水設備 汚水を排水施設に流入させるために必要な配管その他の工作物で、各使用者が設置し、管理するものをいう。

(4) 使用者 汚水を排水施設に流入させて、これを使用する者をいう。

(5) 水道 水道法(昭和32年法律第177号)第3条第1項に規定する水道をいう。

(6) 排水設備設置義務者 排水施設の供用が開始された場合において処理対象区域内における使用者で上下水道事業管理者(以下「管理者」という。)が認める者(以下「排水義務者」という。)をいう。

(7) 処理対象区域 農業集落排水事業の認可を受けた区域をいう。

(8) 処理施設 汚水を処理する施設の総体をいう。

(令和元条例16・一部改正)

(設置義務)

第5条 排水義務者は、処理対象区域の汚水の排水施設の供用開始の日から3年以内に、排水設備を、管理者が別に定める構造基準に従って設置しなければならない。ただし、特別な事情があると管理者が特に認めたときは、その期間を延長し、又は排水設備の設置義務を免除することができる。

(令和元条例16・一部改正)

(計画の確認)

第6条 排水設備の新設、増設、又は改築(以下「新設等」という。)を行おうとする者はあらかじめその計画を管理者が別に定める基準に適合するものであることについて、必要な書類を添付して申請し、管理者の確認を受けなければならない。確認を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

(令和元条例16・一部改正)

(工事の実施)

第7条 排水設備に関する工事は、管理者が定めるところにより管理者が排水設備の工事、技能を有する者として指定した者(以下「指定工事店」という。)の監理の下においてでなければ行ってはならない。ただし、町において工事を実施するときは、この限りでない。

2 指定工事店は、第6条の規定による確認を受けていない者の排水設備の工事を行ってはならない。

3 指定工事店について必要な事項は別に定める。

(令和元条例16・一部改正)

(工事の検査)

第8条 排水設備の新設等を行った使用者は、その工事が完了した日から起算して5日以内にその旨を管理者に届け出て、管理者が指定した職員の検査を受けなければならない。

2 管理者は、前項の規定による検査の結果、その工事が管理者の定める基準に適合していると認めたときは、当該排水設備の新設等を行った者に対し、検査済証を交付するものとする。

(令和元条例16・一部改正)

(工事費の負担)

第9条 排水設備の工事に関わる費用は、当該新設等を行った使用者の負担とする。

(使用開始等の届出)

第10条 使用者は、排水設備の使用を開始、休止、廃止又は再開使用するときは、遅滞なくその旨を管理者に届け出なければならない。

2 譲渡、相続等の理由により、排水設備の使用者の氏名若しくは名称又は住所に変更があったときは、その旨を管理者に届け出なければならない。

(令和元条例16・一部改正)

(し尿排除の制限)

第11条 使用者は、水洗便所によらなければ、し尿を排水設備に流入することができない。

(改善命令等)

第12条 管理者は、使用者が第11条の規定に違反して汚水を農業集落排水施設に流入しているときは、その使用者に対して汚水による障害を除去するために必要な施設を設け、又は必要な措置を命ずることができる。

2 管理者は前項の使用者の流入している汚水の水質が農業集落排水施設を損傷し、又は機能を著しく阻害するおそれのある場合は、当該使用者に対して汚水流入の一時停止を命じることができる。

(令和元条例16・一部改正)

(新規加入金等)

第13条 管路施設の竣工後に新たに加入することとなった者は、別に定める申請書を管理者に提出し、加入金を納めなければならない。

2 前項の加入金の額は、飯島町下水道事業受益者負担に関する条例(平成9年飯島町条例第2号)に基づく負担金等の額に相当する額とする。

(平成11条例17・追加、令和元条例16・一部改正)

(使用料)

第14条 管理者は、排水施設の使用について、使用者から別表第2に定める使用料を徴収する。

2 一般家庭の使用料は、基本料金と世帯人数割の合計額とする。

3 事業所等の使用料は、基本料金と従量料金の合計額とする。

4 使用料は、前2項により算出した額に消費税法(昭和63年法律第108号)に定める消費税の税率を乗じて得た額及び地方税法(昭和25年法律第226号)に定める地方消費税の税率を乗じて得た額を合算した額を加算した額とする。

この場合において、その額に1円未満の端数を生じたときは、その端数金額を切り捨てるものとする。

5 使用料の徴収に関し必要な事項は、管理者が別に定める。

(平成11条例17・追加、平成17条例15・平成26条例2・令和元条例7・令和元条例16・一部改正)

(使用料の減免)

第15条 管理者は、前条の使用料についてやむを得ないと認めた場合には、使用料の全部又は一部を減免することができる。

(平成11条例17・追加、令和元条例16・一部改正)

(使用者の区分)

第16条 別表第2により使用料を徴収する場合の使用者の区分は次のとおりとする。

(1) 一般家庭 自らの生活に起因する生活汚水のみを排水施設に排出する世帯

(2) 事業所等 公共施設、事業所、集会施設等で前号以外のすべての施設

(平成11条例17・追加、平成17条例15・一部改正)

(延滞金)

第17条 加入金及び使用料の延滞金は、町税外収入金の延滞金徴収条例(昭和56年飯島町条例第2号)の規定による。

(平成11条例17・追加)

(損害賠償)

第18条 管理者は、使用者が故意又は重大な過失によって排水施設及び処理施設に損害を与えたときは、その復旧に要する費用の全部又は一部を賠償させることができる。

(平成11条例17・旧第13条繰下、令和元条例16・一部改正)

(補則)

第19条 この条例に定めるもののほか、排水施設の管理及びこの条例の施行に関し必要な事項は、管理者が別に定める。

(平成11条例17・旧第14条繰下、令和元条例16・一部改正)

附 則

この条例は平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成11年条例第17号)

この条例は、公布の日から施行する。ただし、第14条の改正規定は、平成11年9月1日から適用する。

附 則(平成12年条例第37号)

(施行期日)

1 この条例は、平成13年4月1日から施行する。

(議会の議決に付すべき公の施設の利用及び廃止に関する条例の一部改正)

2 議会の議決に付すべき公の施設の利用及び廃止に関する条例(昭和44年飯島町条例第17号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕 略

附 則(平成17年条例第15号)

この条例は、公布の日から起算して14月を超えない範囲内において規則で定める日から施行する。

(平成18年規則第3号で平成18年4月1日から施行)

附 則(平成26年条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(飯島町農業集落排水施設条例の一部改正に伴う適用区分)

4 消費税改正による経過処置等により、改正後の飯島町農業集落排水施設条例第14条の規定にかかわらず、隔月検針により平成26年5月に検針し、6月に徴収する料金までは、なお従前の例による。

附 則(令和元年条例第7号)

(施行期日)

1 この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 消費税改正による経過措置等により、改正後の飯島町公共下水道条例第19条及び飯島町農業集落排水施設条例第14条の規定にかかわらず、令和元年10月に算定し、11月に徴収する料金までは、なお従前の例による。

附 則(令和元年条例第16号)

(施行期日)

1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。

別表第1 削除

(令和元条例16)

別表第2(第14条関係)

(平成11条例17・追加、平成17条例15・旧別表第3繰上)

下水道使用料

1 一般家庭(1月につき)

基本料金

世帯人数

世帯人数割

1世帯につき1,500円

1人世帯

1,000円

2人世帯

2,000円

3人世帯

2,900円

4人世帯

3,800円

5人世帯

4,600円

6人世帯

5,400円

7人世帯

6,100円

8人世帯

6,800円

9人世帯

7,400円

10人世帯以上

8,000円

2 事業所等(1月につき)

基本料金

使用水量

従量料金

1事業所につき 1,500円

14m3まで

1m3当たり 107円

15m3から28m3まで

1m3当たり 125円

29m3から42m3まで

1m3当たり 138円

43m3から56m3まで

1m3当たり 153円

57m3から70m3まで

1m3当たり 167円

71m3以上

1m3当たり 182円

飯島町農業集落排水施設条例

平成11年3月23日 条例第2号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第10編 公営企業/第5章 下水道事業
沿革情報
平成11年3月23日 条例第2号
平成11年6月21日 条例第17号
平成12年12月27日 条例第37号
平成17年6月15日 条例第15号
平成26年2月14日 条例第2号
令和元年9月20日 条例第7号
令和元年12月18日 条例第16号