○飯島町農業集落排水施設条例施行規則

平成11年3月23日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、飯島町農業集落排水施設条例(平成11年飯島町条例第2号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(用語の意義)

第2条 この規則における用語の意義は、条例に定めるところによる。

(管理業務)

第3条 条例第3条の規定により、町長が管理する業務の内容は、次のとおりとする。

(1) 水質検査

(2) 機械類の点検・補修

(3) 汚泥の引き抜き

(4) 人工ろ材の洗浄等

(5) 停電時の対応

(6) その他保守上必要な業務

2 排水管理組合に管理を委託する業務の内容は次のとおりとする。

(1) 処理施設の管理

 処理施設敷地内の清掃、樹木の管理

(平成19規則14・一部改正)

(排水設備の設置基準)

第4条 排水設備の新設等(以下「排水設備の工事」という。)を行うとき、条例第5条に規定する構造基準とは、次の各号に定めるところによる。

(1) 排水設備は、排水施設の公共桝に接続させなければならない。

(2) 排水設備を公共桝に接続させるときは、排水施設の機能を妨げ、又はその施設の損傷するおそれのない箇所及び工事の実施方法でなければならない。

(3) この規則に定めるもののほか、排水設備の構造基準等については、町長が別に定める。

(排水設備の工事確認申請)

第5条 条例第6条の規定により、排水設備を設置しようとする者は、あらかじめ排水設備工事確認申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 排水設備を設置するため、他人の土地を使用する場合及び他人の排水設備に接続する場合は、前項の申請書に同意書(様式第2号)を添付しなければならない。

(排水設備の工事完了届)

第6条 使用者は、排水設備の工事が完了したときは排水設備工事完了届(様式第3号)を町長に提出し、検査を受けなければならない。

(排水設備の管理人届)

第7条 使用者は、排水設備を自ら管理しないとき(管理しないこととなった時を含む)は、町内に居住する者を管理人に定め、排水設備管理人(変更)(様式第4号)により、遅滞なく町長に届け出なければならない。

2 前項の管理人を変更した場合には、前項の例により届け出なければならない。

(施設使用の開始等の届出)

第8条 使用者は、施設の使用を開始、休止又は再開しようとするときは、施設使用開始(休止、再開、変更)(様式第5号)により、あらかじめ町長に届け出なければならない。

2 使用者の住所及び氏名を変更したときは、前項の届により、遅滞なく町長に届け出なければならない。

(施設使用の廃止届等)

第9条 使用者は、家屋の移転、転出その他の事情により、施設の使用を廃止する場合には、施設使用廃止届(様式第6号)を町長に提出しなければならない。

(排水設備の随時検査)

第10条 町長は処理施設の管理上必要があると認めるときは、排水設備を随時検査し、改善が必要な場合は、使用者又は管理人に対して適当な措置を命ずることができる。

2 前項の措置に要する費用は、措置を命じられた者の負担とする。

(新規加入申請書)

第11条 条例第13条第1項に規定する申請書は、農業集落排水処理施設新規加入申請書(様式第7号)によるものとする。

(平成11規則11・追加)

(加入許可)

第12条 前条の申請による許可は、条例第13条第2項に規定する加入金の納付を確認後、農業集落排水処理施設使用許可通知書(様式第8号)により行うものとする。

(平成19規則14・全改)

(使用料の算定基準)

第13条 条例第14条に規定する使用料の算定の基準は、次のとおりとする。

一般家庭の使用料の算定の基礎となる世帯人数については、毎年5月1日の基準日において現に住所を有する人数によるものとし、当月分の使用料から適用する。ただし、施設の使用を開始又は再開する場合にあっては、その届出のあった日において現に居住する人数によるものとし、次の基準日まで適用する。

2 事業所等の従量料金の算定の基礎となる使用水量は、次に掲げる場合の区分に応じてそれぞれ次に掲げるとおりとする。

(1) 町営水道を使用する場合飯島町営水道条例(昭和41年飯島町条例第18号)第25条に規定する、あらかじめ町長が定めた日の量水器の検針による水道使用量

(2) 町営水道以外の水(以下「自家用水」という。)を使用する場合自家用水の使用量を計ることのできる量水器の検針による使用量

(3) 町営水道と自家用水を併用する場合町営水道の使用量と自家用水の使用量を合算した使用量

(4) 使用者は、前2号の使用量を確認するための量水器を設置しなければならない。この場合、町長は、量水器の確認を行う。

3 前項の使用量と汚水排出量が著しく異なる場合は、その使用実態を勘案して町長が認定することができる。

4 条例第14条第1項の規定にかかわらず、月の中途において排水設備の使用を開始、休止、再開又は廃止した場合で、その月の使用日数が2分の1以下であるときの使用料の額は、一般家庭にあっては、基本料金の2分の1の額にその月の現日数を基礎として世帯人数割を日割によって計算した額を合算した額、事業所等にあっては、基本料金の2分の1の額にその月の日割によって計算した従量料金を合算して得た額とする。

(平成11規則11・追加)

(使用料の徴収方法)

第14条 条例第14条に規定する使用料は、納入通知書により隔月に徴収する。ただし、町長が特に必要と認めるときは、この限りでない。

(1) 納期日は各月の末日とする。ただし、特にこの納期日により難いときは、別に定めることができる。

(2) 使用料納入後においてその使用料に変更を生じたとき、又は誤りを発見したときは、次回徴収の使用料でこれを精算する。

(平成11規則11・追加)

(使用料等の督促)

第15条 使用者が納期限までに使用料及び加入金を完納しない場合は、町長は納期限後20日以内に督促状を発しなければならない。

(平成11規則11・追加)

(使用料の減免)

第16条 条例第15条に規定する使用料を減免することができる場合は、次の各号に掲げるときとする。

(1) 災害により被害を受け、使用料を納付することが困難であると認められるとき。

(2) その他町長が特に必要と認めるとき。

2 前項に規定する減免を受けようとする者は、使用料減免申請書を町長に提出しなければならない。

3 町長は、前項の規定による申請があったときは、その適否を審査し、使用料減免承認(不承認)決定通知書により通知するものとする。

(平成11規則11・追加)

(遵守事項等)

第17条 使用者は次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 排水設備を良好に維持・管理すること。

(2) 生活環境及び施設の機能に有害となる排水は、これを施設に流入してはならないこと。

2 町長は、条例及びこの規則に違反して施設を使用する使用者に対し、期限を付してその改修又は撤去を命ずることができるものとする。

3 前項の改修又は撤去に要する費用は、使用者等の負担とする。

(平成11規則11・旧第11条繰下)

(補則)

第18条 この規則に定めのない事項は、別に定める。

(平成11規則11・旧第12条繰下)

附 則

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成11年規則第11号)

(施行日等)

この規則は、公布の日から施行する。ただし、第14条から第16条の改正規定は、平成11年9月1日から適用する。

附 則(平成19年規則第14号)

(施行期日)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

様式 略

飯島町農業集落排水施設条例施行規則

平成11年3月23日 規則第1号

(平成19年4月1日施行)