○飯島町介護保険個人情報提供要綱

平成12年12月27日

告示第43号

(趣旨)

第1条 この要綱は、介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)第7条に規定する居宅サービス、居宅介護支援又は施設サービス(以下「居宅サービス等」という。)の提供が適切に行われるために、当該居宅サービス等の提供を受ける者その他の者に飯島町個人情報の保護に関する条例(平成12年飯島町条例第2号。以下「条例」という。)第8条第1項及び第2項の規定による個人情報の提供(以下「個人情報の提供」という。)を行うことに関し必要な事項を定めるものとする。

(提供の対象となる個人情報)

第2条 提供の対象となる個人情報は次の各号に掲げるものとする。

(1) 法第27条第2項(法第28条第4項、第29条第2項、第30条第2項、第31条第2項及び第32条第2項(法第33条第4項及び第34条第2項において準用する場合を含む。)において準用する場合を含む。)の規定による調査の結果(以下「調査結果」という。)

(2) 法第27条第6項(法第28条第4項、第29条第2項、第30条第2項、第31条第2項及び第32条第2項(法第33条第4項及び第34条第2項において準用する場合を含む。)において準用する場合を含む。)の規定による主治の医師の意見又は医師等の診断の結果(以下「主治医意見書」という。)

(3) 法第27条第8項(法第28条第4項、第29条第2項、第30条第2項及び第31条第2項において準用する場合を含む。次号において同じ。)又は第32条第4項(法第33条第4項及び第34条第2項において準用する場合を含む。次号において同じ。)の規定による審査の議事の内容(以下「審査内容」という。)

(4) 法第27条第8項又は第32条第4項の規定による判定の結果(以下「判定結果」という。)

(個人情報の提供を受けることができる者)

第3条 個人情報の提供は、次の各号に掲げる者が居宅サービス等を適切に利用し、又は提供するため必要がある場合に、当該者に対し行うものとする。

(1) 法第41条第1項に規定する要介護被保険者又は法第53条第1項に規定する居宅要支援被保険者である本人及び個人情報の提供について本人の同意を得た親族等(以下「本人等」という。)

(2) 法第41条第1項に規定する指定居宅サービス事業者又は法第42条第1項第2号の規定による基準該当居宅サービス事業者

(3) 法第46条第1項に規定する指定居宅介護支援事業者又は法第47条第1項第1号の規定による基準該当居宅介護支援事業者

(4) 法第7条第19項に規定する介護保険施設

(5) 法第27条第6項に規定する主治医意見書を記載した医師

(6) 法第27条第2項に規定する要介護認定調査に従事した調査員

(本人等以外の者に対する個人情報提供の制限)

第4条 前条の規定にかかわらず、本人等以外の者に対する個人情報の提供は、要介護認定申請書その他の書面で、第2条に掲げる個人情報の提供について本人の同意が確認できる場合に限るものとする。ただし、第2条第3号に規定する審査内容については、本人等以外には提供しないものとする。

2 前条第2号から第4号に掲げる事業者(以下「サービス事業者」という。)に対する個人情報の提供は、本人等と当該居宅サービス等の提供に係る契約を締結し、又は締結する予定のサービス事業者に限るものとする。

3 前条第5号に掲げる者に対する個人情報の提供は、当該医師が記載した主治医意見書に係わる判定結果に限るものとする。

4 前条第6号に掲げる者に対する個人情報の提供は、当該調査員が行った要介護認定調査に係わる個人情報に限るものとする。

(主治医意見書に係る個人情報の提供の制限)

第5条 第3条及び第4条の規定にかかわらず、主治医意見書中に居宅サービス等の提供に利用することについて同意しない旨が記載されているときの主治医意見書に係る個人情報の提供は、主治医意見書を作成した医師の氏名並びにその属する医療機関の名称及び所在地についてのみ行うものとする。

2 主治医意見書に係る個人情報の本人等に対する提供は、あらかじめ提供を行うことについて当該医師又は医師等の同意を得て行うものとする。

3 前項の場合において、同意が得られないとき、又は回答が得られないときは、提供は行わないものとし、同意が得られない部分があるときは、その部分を除いて提供を行うものとする。

(提供の申請)

第6条 個人情報の提供を受けようとする者は、介護保険個人情報提供申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。ただし、主治医意見書を記載した医師が当該意見書中に、判定結果の情報提供を希望する旨を記載した場合は、この記載をもって申請書の提出があったものとみなす。

(提供の方法)

第7条 個人情報の提供は、健康福祉課において、閲覧又は写しの交付により行うものとする。

2 第2条第2号から第4号に掲げるサービス事業者については、個人情報の保護のため必要な措置を講じた場合に限り、条例第10条に規定する通信回線による電子計算機結合による個人情報の提供を行うことができる。

3 第1項の規定により写しの交付を受ける者は、飯島町有物件使用料徴収条例(昭和34年飯島町条例第4号)の規定により、複写機の使用料を負担するものとする。

(平成18告示24・平成25告示14・一部改正)

(遵守事項)

第8条 個人情報の提供を受けた者(本人等を除く。)は、当該個人情報の取扱いについて、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 居宅サービス等を提供する目的以外に使用しないこと。

(2) 個人情報の改ざん、滅失、損傷その他の事故を防止するとともに、事故があったときは、直ちに町長に報告し、その指示を受けること。

(3) 個人情報の内容を他に漏らさないこと。

(4) 従業者に対し、前3号の事項を遵守させるための十分な措置を講ずること。

(5) 第三者に個人情報を取り扱わせないこと。

(6) 個人情報を保有する必要がなくなったときは、当該個人情報その他個人情報が記載された書類等を速やかに焼却し、又は消去すること。

(7) その他町長が指示すること。

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか、この要綱の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行前に行われた個人情報の提供は、この要綱の規定に基づいて行われた個人情報の提供とみなす。

附 則(平成18年告示第24号)

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成25年告示第14号)

この要綱は、平成25年4月1日から施行する。

様式 略

飯島町介護保険個人情報提供要綱

平成12年12月27日 告示第43号

(平成25年4月1日施行)