○飯島町高齢者生活自立支援サポーター派遣事業実施要綱

平成13年4月1日

告示第39号

(目的)

第1条 この要綱は、高齢者生活自立支援サポーター(以下「サポーター」という。)を派遣することにより、虚弱等な高齢者(以下「高齢者等」という。)の生活の自立を支援するとともに、要支援・要介護状態となることを予防し、もって高齢者福祉の増進を図ることを目的とする。

(平成29告示40・一部改正)

(定義)

第2条 この要綱において、高齢者生活自立支援サポーター派遣事業(以下「事業」という。)とは、別表に掲げる軽易な日常生活上の援助又は支援を行うため、サポーターを派遣することをいう。

(平成26告示22・平成29告示40・一部改正)

(事業の実施日及び時間)

第3条 事業の実施日及び時間は、別表のとおりとする。

(サポーター派遣の限度)

第4条 サポーターの派遣は、1月につき、別表に掲げる回数又は時間を限度とする。ただし、町長が特に必要と認めるときは、この限りでない。

(平成29告示40・一部改正)

(申請手続)

第5条 サポーターの派遣を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、高齢者生活自立支援サポーター派遣申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(平成29告示40・一部改正)

(登録決定)

第6条 町長は、前条の規定による申請書を受理したときは、事業の必要性等を審査し、速やかに実施の可否を決定するとともに、高齢者生活自立支援サポーター派遣事業登録者台帳に登録するものとする。

2 町長は、前項の規定による実施の可否を決定したときは、その旨を申請者に対して高齢者生活自立支援サポーター派遣決定通知書(様式第3号)により通知するものとする。

(平成26告示22・平成29告示40・一部改正)

(派遣の委託)

第7条 町長は、サポーターの派遣については、別表に掲げる団体(以下「受託者」という。)に委託する。

(平成29告示40・旧第9条繰上・一部改正)

(費用負担)

第8条 利用者は、サポーターの派遣に要する費用の一部として、別表に掲げる利用者負担金を負担しなければならない。ただし、生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による被保護世帯(単給世帯を含む。)の者は、費用の負担を要しないものとする。

2 町長は、前項に規定する利用者負担金額をサービスの提供の都度、又はサービスを提供した月単位で決定するものとする。

3 利用者は、町長の決定した利用者負担額をサービスの提供を受けた都度、又はサービスを受けた翌月にその1月分を負担しなければならない。

(平成29告示40・旧第10条繰上・一部改正)

(実績報告)

第9条 受託者は、受託した事業の毎月の実施状況を翌月10日までに高齢者生活自立支援サポーター派遣事業実績報告書(様式第6号)により町長に報告しなければならない。

(平成29告示40・旧第11条繰上・一部改正)

(守秘義務)

第10条 受託者は、この事業の目的を認識し個人の人権を尊重するとともに、業務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。

(平成29告示40・旧第12条繰上)

(補則)

第11条 この要綱に定めるもののほか、この要綱の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

(平成29告示40・旧第13条繰上)

附 則

この要綱は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成26年告示第22号)

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成29年告示第40号)

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成30年告示第33号)

(施行期日)

1 この要綱は、公布の日から施行し、平成30年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の際、既存の告示等の規定により作成されている帳票で、現に残存するものは、この告示の規定にかかわらず、当分の間、使用することができる。

附 則(令和元年告示第54号)

(施行期日)

1 この要綱は、公布の日から施行し、元号を改める政令の施行の日から適用する。

(経過措置)

2 この要綱の適用の際、現に存するこの要綱の規定により元号表現を削ることとなる飯島町要綱の規定に基づく様式による用紙で現に残存するものは、元号表現を訂正し、当分の間、使用することができる。

別表(第2条、第3条、第4条、第7条及び第8条)

(平成29告示40・全改)

区分

内容

対象者

飯島町に住所を有するおおむね65歳以上の在宅の虚弱な高齢者で、日常生活上の軽易な支援が必要な者

サービス

・食事調理

・買い物

・ゴミ出し

・その他軽微な作業

事業の実施日及び時間

各事業所の営業日、及び時間内とする。

派遣の限度

1月につき、4回を限度とする。

ただし、町長が特に必要と認めるときは、8回を限度とする。

委託する団体

町内の各事業所

利用者負担額

1回200円

(平成29告示40・全改、平成30告示33・令和元告示54・一部改正)

画像

(平成30告示33・一部改正)

画像

(平成29告示40・全改、平成30告示33・令和元告示54・一部改正)

画像

(平成30告示33・令和元告示54・一部改正)

画像

(平成30告示33・令和元告示54・一部改正)

画像

(平成29告示40・全改、令和元告示54・一部改正)

画像

飯島町高齢者生活自立支援サポーター派遣事業実施要綱

平成13年4月1日 告示第39号

(令和元年5月22日施行)