○飯島町高齢者生活管理指導短期宿泊事業実施要領

平成13年4月1日

告示第43号

(対象者)

第1 飯島町高齢者生活管理指導短期宿泊事業(以下「事業」という。)の対象者は、飯島町に住所を有する高齢者(以下「高齢者」という。)で、介護保険法(平成9年法律第123号)第7条第3項又は第4項に該当する者以外の者で、次の各号の一に該当する者をいう。

(1) 一人暮らしの高齢者等で、一時的に家庭での生活が困難と認められる者。

(2) 高齢者を養護し、又は生計を一にする者(以下「保護者」という。)が、冠婚葬祭を理由に一時的に飯島町を離れる場合、家庭での生活が困難と認められる者。

(3) 保護者が傷病のため、一時的に高齢者との生活が困難と認められる者。

(申請等)

第2 事業を利用しようとする者は、利用しようとする日の前日までに申請書を町長に提出するものとする。ただし、緊急を要すると町長が判断したものに限り、利用しようとする日の午後5時までに申請をすることができる。

(入所及び退所)

第3 事業の利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、施設への入所及び退所の手続きを、午前9時から午後6時までの間に行わなければならない。ただし、特別養護老人ホーム「越百園」(以下「施設」という。)を管理する者が特に認めた場合はこの限りではない。

(利用者負担金)

第4 社会福祉法人上伊那福祉協会(以下「受託者」という。)は、毎月10日までに前月に係る利用者負担金を、飯島町が指定する方法により納入するものとする。

(請求及び支払)

第5 受託者は、毎月10日までに前月に係る扶助費の請求をするものとする。

2 飯島町は、適法な支払請求書を受領したときは、その日から30日以内に扶助費を支払うものとする。

附 則

この要領は、平成13年4月1日から施行する。

飯島町高齢者生活管理指導短期宿泊事業実施要領

平成13年4月1日 告示第43号

(平成13年4月1日施行)

体系情報
第7編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成13年4月1日 告示第43号