○飯島町営水道条例施行規程

平成15年3月24日

公管規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は、飯島町営水道条例(昭和41年飯島町条例第18号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(給水装置の新設等の申込み)

第2条 条例第5条第1項に規定する町長への申し込みは、水道関係申請書(様式第1号)により行わなければならない。

2 町長は、他人の給水装置から分岐して給水装置工事をするとき又は他人の土地を使用して給水装置工事をしようとするときは、条例第5条第2項の規定により申込人に対して同意書(様式第2号)の提出を求めるものとする。

(給水装置の工事の範囲等)

第3条 条例第6条第1項の規定により、町長又は指定事業者が行う設計及び工事の範囲は、次のとおりとする。

(1) 給水栓まで直結給水するものにあっては、給水栓まで

(2) 貯水槽を設けるものにあっては、貯水槽の給水口まで

2 条例第6条第2項に規定する町長の検査を受けようとする者は、給水装置工事申請書(様式第3号)、給水装置工事しゅん工届(様式第4号)を提出し町長の検査を受けなければならない。

(給水管の口径)

第4条 配水管より取り出しをする給水管の口径は、給水装置による水の使用量その他の事情を考慮して町長が定める。

(量水器の位置)

第5条 条例第19条第1項の規定により町長が選定する量水器の位置は、原則として官民界付近の民地側で検針に便利な位置とする。

(量水器の保全)

第6条 条例第19条第3項の規定による弁償額は、亡失した場合はその相当額、損傷した場合はその補修に要した実費とする。

2 条例第19条第4項の規定に違反したときは、町長は、施設の改善を求めることができる。この改善に要する費用は、使用者の負担とする。

(届出)

第7条 条例第22条第1項による届出は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める様式によるものとする。

(1) 町営水道の使用の休止又は開始及び用途の変更

水道関係申請書(届・報告)(様式第1号)

(2) 消火演習のために消火栓使用及び私設消火栓の使用

消火栓使用届(様式第5号)

(使用水量の認定)

第8条 条例第26条第1項第1号による使用水量の認定は、原則として、前6箇月の使用水量に基づき行うものとする。この場合において、前月の使用水量がないときは町長の認定するところによる。

(計量給水の端数)

第9条 使用水量の計量において、1立方メートル未満の端数があるときは、これを次期分に算入し、使用を中止し又は廃止した場合の端数は、これを切り捨てる。

(貯水槽の設置)

第10条 水道使用者が一時に多量の水を使用するとき又は三階以上の建物に給水するときその他町長が必要と認めたときは、水道使用者に貯水槽の設置を指示することができる。この場合において給水装置による責任の分界点は、量水器までとする。

(簡易専用水道以外の貯水槽水道の管理等)

第11条 条例第36条第2項に規定する簡易専用水道以外の貯水槽水道の設置者は、次の各号に掲げる管理及び管理の状況に関する検査の実施に努めなければならない。

(1) 水槽の清掃を1年に1回、定期的に行うこと。

(2) 有害物、汚水等による汚染を防止するため、水槽の点検等必要な措置を講ずること。

(3) 給水栓における水の色、濁り、臭い、味、その他の状態により供給する水に異常を認めたときは、水質基準に関する省令(平成4年厚生省令第69号)の表の上欄に掲げる事項のうち必要なものについて検査を行うこと。

(補則)

第12条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規程は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成16年公管規程第2号)

この規程は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成19年公管規程第1号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成26年公管規程第1号)

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成30年公管規程第1号)

(施行期日)

1 この規程は、公布の日から施行し、平成30年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 この規程の施行の際、既存の告示等の規定により作成されている帳票で、現に残存するものは、この告示の規定にかかわらず、当分の間、使用することができる。

(平成30公管規程1・全改)

画像

(平成30公管規程1・全改)

画像

(平成30公管規程1・全改)

画像

(平成30公管規程1・全改)

画像

画像

飯島町営水道条例施行規程

平成15年3月24日 公営企業管理規程第3号

(平成30年5月15日施行)