○飯島町地域包括支援センターの運営に関する規則

平成18年3月20日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、飯島町地域包括支援センター条例(平成18年飯島町条例第3号。以下「条例」という。)第7条の規定に基づき、飯島町地域包括支援センター(以下「支援センター」という。)の運営等に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業)

第2条 支援センターは、次に掲げる事業を行う。

(1) 介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)第115条の44第1項第2号から第5号までに掲げる事業(以下「包括的支援事業」という。)

(2) 法第8条の2第18項に規定する介護予防支援(以下「介護予防支援」という。)

(平成21規則14・一部改正)

(飯島町包括支援センター運営協議会委員)

第3条 条例第6条に規定する飯島町包括支援センター運営協議会(以下「運営協議会」という。)は飯島町高齢社会等懇話会(以下「高齢社会等懇話会」という。)の委員をもって充て、町長が委嘱する。

2 委員の任期は、高齢社会等懇話会の委員の任期を適用する。

3 運営協議会に会長及び副会長各1人を置き、会長及び副会長は高齢者等懇話会の会長及び副会長をもって充てる。

4 会長は、運営協議会を代表し、会務を総理する。

5 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき、又は欠けたときは、その職務を代理する。

6 会長は、運営協議会を招集し、その議長となる。

7 運営協議会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(運営協議会の任務)

第4条 運営協議会は次に掲げる事項について研究協議する。

(1) 支援センターの運営及び評価に関すること。

(2) 地域における介護保険以外のサービスと連携の形成に関すること。

(3) その他支援センターの運営に関し必要な事項

(相談協力員)

第5条 支援センターに相談協力員を置く。

2 相談協力員は、民生委員法(昭和23年法律第198号)に定める民生委員の職にあるものとする。

3 相談協力員は要援護高齢者及びその家族等に対する支援センターの利用に関する連絡調整を行うものとする。

(運営時間及び休業日)

第6条 支援センターの運営時間及び休業日は、次のとおりとする。ただし、町長が必要と認めるときは、変更することができる。

(1) 運営時間 午前8時30分から午後5時15分まで

(2) 休業日 毎週日曜日及び土曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日、12月29日から翌年の1月3日まで及び町長の定める日

(利用の制限)

第7条 町長は、支援センターを利用する者が、次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、支援センターの利用を制限することができる。

(1) 秩序を乱し公益を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 施設、備品等をき損するおそれがあるとき。

(3) その他支援センターの運営上不適当と認められるとき。

(損害の賠償)

第8条 町長は、故意又は過失により施設及び備品等をき損した者に、その損害を賠償させることができる。

(補則)

第9条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

(飯島町在宅介護支援センターの運営に関する規則の廃止)

2 飯島町在宅介護支援センターの運営に関する規則(平成9年飯島町規則第9号)は、廃止する。

附 則(平成21年規則第14号)

この規則は、平成21年5月1日から施行する。

飯島町地域包括支援センターの運営に関する規則

平成18年3月20日 規則第1号

(平成21年5月1日施行)