○飯島町福祉有償運送運営協議会運営要領

平成19年1月17日

告示第2号

(目的)

第1条 飯島町福祉有償運送運営協議会設置要綱(平成17年飯島町告示第40号。以下「要綱」という。)第8条の規定に基づき、要綱第2条第3号に規定する「自家用有償旅客運送に関し協議会が必要と認める事項」を下記のとおり定める。

(先決事項)

第2条 協議会は、要綱第2条第1号に定める事項の協議を行う前提として、福祉有償運送の必要性を協議するものとする。福祉有償運送の必要性が認められる場合とは、「運営協議会に関する国土交通省としての考え方について」(平成18年9月15日付け国自旅第145号の3。以下「ガイドライン」という。)3.(1)に規定する次の場合をいい、協議にあたっては、移動困難者等の状況(別紙1)その他必要な資料を用い、次のいずれに該当するかを適切に判断することとする。

(1) タクシー事業者等による福祉輸送サービスが実施されていないか又は直ちに供給される可能性が低いと認められる場合

(2) 地域に福祉輸送サービスを実施しているタクシー事業者等は存在するものの移動制約者の需要量に対して供給量が不足していると認められる場合

(協議申請に必要な書類)

第3条 協議会は、要綱第2条第1号に定める事項の協議にあたり、協議会への申請書等の様式及び添付書類を次のとおり定めるものとする。

2 道路運送法(昭和26年法律第183号。以下「法」という。)第79条に基づく登録(以下「新規登録」という。)の申請

(1) 新規登録協議申請書(様式1―1)

(2) 飯島町が作成する依頼書

(3) 飯島町福祉輸送サービス事業実施要領(以下「実施要領」という。)

(4) 個人情報閲覧同意書(様式2)

(5) 「福祉有償運送の登録に関する処理方針について」(平成18年9月15日付け国自旅第143号。以下「福祉処理方針」という。)に定める添付書類(下表のとおり。)

 

必要な書類

様式番号

1

宣誓書(法第79条の4第1~4号までのいずれにも該当しない旨を証する書類)

様式第2号

2

自家用有償旅客運送自動車についての使用権原を証する書類

 

3

運転者等就任承諾書等及び運転免許証の写し並びに道路運送法施行規則(昭和26年運輸省令第75号。以下「施行規則」という。)第51条16に定める資格の有無を証する書面の写し

様式第4号

4

運行管理の責任者の就任承諾書

様式第5号

5

運行管理の体制等を記載した書類

様式第6号

6

運送しようとする旅客の名簿

参考様式第イ号

7

旅客その他の者の生命、身体又は財産の損害を賠償するための措置を講じていることを証する書面

様式第9号(添付書類がない場合)

(6) 申請者の定款又は寄付行為及び登記簿の謄本並びに役員の名簿

(7) 申請者の定める運行規約(運行に係る方針を明記したもの。以下同じ。)

(8) 運送の対価として収受する金額を記載した書面((6)に記載済の場合は不用)

(9) 申請者に係る前年度の事業報告書、収支決算書(又は事業計画書、収支予算書)

(10) 輸送しようとする区域を表示した地図に公共交通機関の市及び主な路線、官公署の位置、申請主体の事務所の位置を記載したもの

3 法第79条の6第1項の規定に基づく有効期間の更新登録(以下「期間更新登録」という。)の申請

(1) 期間更新登録協議申請書(様式1―2)

(2) 福祉処理方針に定める様式及び添付書類(下表のとおり。)

 

必要な書類

様式番号

1

宣誓書(法第79条の4第1~4号までのいずれにも該当しない旨を証する書類)

様式第2号

2

自家用有償旅客運送自動車についての使用権原を証する書類

 

3

運転者等就任承諾書等及び運転免許証の写し並びに施行規則第51条16に定める資格の有無を証する書面の写し

様式第4号

4

運行管理の責任者の就任承諾書

様式第5号

5

運行管理の体制等を記載した書類

様式第6号

6

運送しようとする旅客の名簿

参考様式第イ号

7

登録証(みなし登録の場合を除く。)

様式第7号

8

旅客その他の者の生命、身体又は財産の損害を賠償するための措置を講じていることを証する書面

様式第9号(添付書類がない場合)

(3) 申請者の定款又は寄付行為及び登記簿の謄本並びに役員の名簿

(4) 申請者の定める運行規約

(5) 運送の対価として収受する金額を記載した書面((3)に記載してある場合は省略できる。)

(6) 申請者に係る前年度の事業報告書、収支決算書(又は事業計画書、収支予算書)

4 法第79条の7第1項の規定に基づく変更登録(以下「変更登録」という。)の申請

(1) 変更登録協議申請書(様式1―3)

(2) 飯島町が作成する依頼書(福祉処理方針5.(1)②に規定する輸送の種別(以下「輸送の種別」という。)の変更に限る。)

(3) 実施要領(輸送の種別の変更に限る。)

(4) 個人情報閲覧同意書(様式2)(輸送の種別の変更であって、新たに福祉有償運送を行う場合に限る。)

(5) 福祉処理方針(下表のとおり。)

 

必要な書類

様式番号

1

宣誓書(法第79条の4第1~4号までのいずれにも該当しない旨を証する書類)(変更がある場合に限る。)

様式第2号

2

自家用有償旅客運送自動車についての使用権原を証する書類

 

3

運転者等就任承諾書等及び運転免許証の写し並びに施行規則第51条16に定める資格の有無を証する書面の写し(変更がある場合に限る。)

様式第4号

4

運行管理の責任者の就任承諾書(変更がある場合に限る。)

様式第5号

5

運行管理の体制等を記載した書類(変更がある場合に限る。)

様式第6号

6

運送しようとする旅客の名簿(変更がある場合に限る。)

参考様式第イ号

7

登録証(みなし登録の場合を除く。)

様式第7号

8

旅客その他の者の生命、身体又は財産の損害を賠償するための措置を講じていることを証する書面(変更がある場合に限る。)

様式第9号(添付書類がない場合)

(6) 申請者の定款又は寄付行為及び登記簿の謄本並びに役員の名簿

(7) 申請者の定める運行規約(変更がある場合に限る。)

(8) 運送の対価として収受する金額を記載した書面(変更がある場合に限る。)

(9) 申請者に係る前年度の事業報告書、収支決算書(又は事業計画書、収支予算書)(変更がある場合に限る。)

(申請内容の確認)

第4条 協議会は、前条に定める申請書類及び添付書類の内容確認にあたっての留意事項を別紙2のとおり定める。

(判断基準)

第5条 協議会は、設置要綱第2条第1号に定める事項の協議にあたっては、法、施行規則、ガイドライン、福祉処理方針、「自家用有償旅客運送者が利用者から収受する対価の扱いについて」(平成18年9月15日付け国自旅第144号)その他の施行規則に基づく通知(次項において「法等」という。)及び実施要領を判断基準とするものとする。

2 協議会は、前項の判断にあたっては、法等に抵触しない限り、実施要綱の規定を優先するものとする。

3 協議会は、施行規則第51条の16第1項に規定する、第1種運転免許保有者であって、「その効力が過去2年以内において停止されていない者」であることの要件について、新規登録、期間更新登録、変更登録のそれぞれにおいて申請者が協議会に協議を申し入れた日の直近の2年間と定める。

4 協議会は、新規登録、期間更新登録又は変更登録の後において、福祉処理方針3.(1)②に該当することとなった運転者については、施行規則第51条の16第2項に規定する適性診断を受診させることに加えて、輸送の安全を確保する方法を別途定めるものとする。

5 協議会は、第1項の判断にあたり、ガイドライン3.(5)④~⑦に掲げる事項については、新規登録の場合に限り、次条から第9条のとおり定めるところに準じて申請者が整備していることを確認するものとする。

(運行管理)

第6条 運行管理責任者は、運行管理にあたっては、飯島町と緊密な連絡を取り、輸送における安全対策、事故発生時の連絡・対応及び苦情処理の対応等に対して万全を期すこととし、個別の項目については次に定めるとおりとする。

(1) 運行管理責任者は、選任した運転手の氏名、住所、年齢、自動車免許の種類、交通事故その他道路交通法違反に係る履歴、安全運転等に係る講習等の受講歴その他必要な事項を記載した運転者台帳(参考様式第ホ号)を作成し、適切に管理すること。

(2) 運転管理者は、運転服務規律を作成し、適切に管理すること。

(3) 運転管理者は、運転者毎に運転者証(福祉処理方針に定める参考様式第へ号)を作成し、車内のダッシュボード付近に掲示する、又は必要事項(運転者の氏名、運転免許証の有効期間並びに施行規則第51条の16第1項及び第3項に規定する運転者の要件として必要な講習の修了等)を記載した身分証明書(IDカードを含む。)を旅客に見やすいよう運転者に携行させることのいずれかを行うこと。

(4) 運転管理責任者は、点呼要領により運転前点呼及び運転後点呼を必ず行い、点呼記録簿又は安全な運転のための確認表に記録すること。

(5) 運転管理責任者は、故障、事故等により運行を中断したときは、事故処理要領により適切な措置を講じるとともに、事故にあっては、事故記録又は事故の記録(福祉処理方針に定める参考様式第ト号)を作成すること。

(6) 運行管理責任者は、運転者全員に定期的に健康診断を受けさせるなど適切な措置を講じること。

(車両整備管理)

第7条 整備管理責任者は、使用車両について定期点検を行うこと。

2 整備管理責任者は、整備管理要領により運転者に日常点検を行わせ、その結果を日常点検実施表に記録させるとともに、その内容を確認して運行の可否を決定すること。

3 整備管理責任者は、使用する車両の型式、自動車登録番号及び初度登録年、損害賠償措置、関係する整備又は装備その他必要な事項を記入した自動車登録簿(車検証の写しで可)を作成し、適切に管理すること。

(運行)

第8条 申請者は、原則として、事業所のみにおいて輸送の引受を行うこととし、運転者個人が電話により、又は運行の際に次回の予約を引き受けることはしないものとするとともに、予約を受けた場合は、必ず記録し保存すること。

2 申請者は、会員の氏名、住所及び年齢及び移動制約者・住民等であることの事実、障害の程度その他必要な事項を記入した会員登録簿を作成し、適切に管理すること。

3 運行管理責任者は、運転前点呼の際に、運転者に運転日報又は運転記録(福祉処理方針に定める参考様式第ニ号)を交付し、必要事項を記録させ、運転後点呼の際に提出させること。

4 運行管理責任者は、運行の都度、運転者ごとに運行指示書を交付すること。

5 運行管理責任者は、その使用車両(法人(団体)の職員又は構成員の自家用車を使用車両としている場合の当該自家用車料を含む。)に係る車両保険(任意保険)の加入状況を台帳に記載する等により管理するとともに、保険の更新等に際して適切な措置を講じること。

(サービス向上)

第9条 運行管理責任者は、利用者への適時適切な声掛けを行うとともに、利用者に対し運行の度に要望事項を聞くなどを運転者に徹底し、利用者がより快適に、より安全に利用できるための措置を講じること。

2 運行の際、利用者から苦情があった場合には、運転者にその内容を苦情処理簿(福祉処理方針に定める参考様式第チ号)に記録させること。

3 運行管理責任者は、苦情を含む要望事項については、速やかに改善措置を講じた上で、留意事項として運転者に周知し、次回以降の運送を行った時点で、利用者に改善されたかどうかを確認すること。

(登録簿の報告等)

第10条 設置要綱第2条第1号の登録をした者(以下「登録者」という。)は、登録後において、法第79条の7第3項に定める軽微な事項について長野運輸支局に変更の届出をしたときは、登録後10日以内に、次の各号に定める書類をもって協議会に報告するものとする。

(1) 登録事項変更届(様式1―4)

(2) 長野運輸支局に届け出た書類の写し(福祉処理方針に定める様式第1―4号及び様式第7号を除く。)

(3) 施行規則第51条の13第4項により交付された登録証の写し

2 登録者は、登録後において、次の各号に定める事項について、協議会に報告するものとする。

(1) 法第79条に基づく自家用有償旅客運送の登録(法第79条の6第1項の規定に基づく有効期間の更新の登録及び法第79条の7第1項の規定に基づく変更登録を含む。)〈登録後30日以内〉(様式3)

(2) 会員の状況〈事業年度の開始後30日以内〉(様式4)

(3) 使用する車両にかかる提供及び使用についての契約の更新(車両の総数の増加又は変更に伴うものを除く。)〈更新後30日以内〉(様式5)

(4) 使用する車両にかかる任意保険又は自動車共済の契約の変更(更新)〈変更(更新)後30日以内〉(様式6)

(5) 運行管理の現状〈事業年度開始後30日以内〉(様式7)

(6) 施行規則第51条の16第2項に規定する事故〈発生後30日以内〉(様式8)

(7) 利用者からの苦情の処理状況〈前月(又は3ヶ月)分を取りまとめて翌月10日までに〉(様式9)

3 登録者は、登録後において、輸送の対価として収受する金額(有料道路代、駐車場代等の実費を除く。)を変更するにあたっては、協議会に次の各号に定める書類を持って予め協議を申請し、その合意を得なければならない。

(1) 輸送対価変更申請書(様式1―5)

(2) 申請者の定める運行規約

(3) 施行規則第51条の13第4項により交付された登録証の写し

4 協議会は、前項の申請を受けた場合は、設置要綱第2条第1項に準じて協議を行うものとする。この場合、設置要綱第6条第1項に基づき交付する文書は、同項にかかわらず別紙3によるものとする。

5 登録者は、登録後において、次の各号のいずれかに該当することとなる場合には、様式10により、予め協議会に報告しなければならない。

(1) 登録者が株式会社になる等により、施行規則第48条に定める法人の法人格を失うこととなる場合

(2) 前号に掲げる他、自家用有償旅客運送を廃止することとなる場合

(報告の処理・合意の解除)

第11条 協議会は、前条第2項の報告を受けた場合の処理方法を予め定め、登録者を含む関係者に周知するものとする。

2 協議会は、次の各号に該当する場合には、直ちに是正するよう登録者に求めるものとする。

(1) 登録者が前条第1項又は第2項に違反した場合

(2) 登録者が合意の際の条件に違反した場合

3 協議会は、登録者が前項の求めに応じない場合には、求めに応じなければ合意を解除する旨を付言した上で、再度是正を求めるものとする。

4 協議会は、相当の期間を経過しても登録者が前項の求めに応じない場合には、協議を行った上で、合意を解除するものとする。

5 協議会は、次の各号に該当する場合には、協議を行った上で、合意を解除するものとする。

(1) 登録者が前条第3項に違反したとき。

(2) 登録者が前条第5項の報告を受けたとき。

6 協議会は、前2項の規定に基づき合意を解除した場合には、登録者及び国土交通省新潟地方運輸局長野運輸支局にその旨を伝えるものとする。

(協議結果の報告)

第12条 事務局は、協議会開催後、議事録要旨を作成し、国土交通省新潟地方運輸局長野運輸支局及び長野県社会部地域福祉課に提出するものとする。

附 則

この要領は、公布の日から施行し、平成18年10月1日から適用する。

様式 略

飯島町福祉有償運送運営協議会運営要領

平成19年1月17日 告示第2号

(平成19年1月17日施行)