○飯島町太陽光発電に係る公の施設の屋根貸し事業選定委員会設置要綱

平成28年10月20日

告示第90号

(設置)

第1条 飯島町が所有する公の施設の屋根を公募により貸出し太陽光発電の用に供するに当たり、貸出しをする施設の使用者及び公の施設を選定するため、飯島町太陽光発電に係る公の施設の屋根貸し事業選定委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(任務)

第2条 委員会は、飯島町太陽光発電に係る公の施設の屋根貸し事業公募要領により応募のあった者から、審査の上事業者を選定する。

2 委員会は、飯島町が有する公の施設から、調査、検討、協議の上、飯島町太陽光発電に係る公の施設の屋根貸し事業の対象施設を選定する。

3 委員会は、事業者より構造計算書等の書類の提出があった後、一級建築士等の専門家の意見を聴くことができる。

4 その他、飯島町太陽光発電に係る公の施設の屋根貸し事業について協議する。

(組織)

第3条 委員会は、副町長、教育長、総務課長、企画政策課長、住民税務課長、健康福祉課長、産業振興課長、建設水道課長、地域創造課長、議会事務局長、会計課長及び教育委員会教育次長の職にあるものをもって構成する。

2 委員長は副町長をもって充てる。

3 委員長は会務を総理する。

(平成30告示22・一部改正)

(任期)

第4条 委員の任期は、事業実施期間とする。

(会議)

第5条 委員会は、委員長が招集し、会議の議長となる。

2 委員会は、委員の過半数の出席をもって成立し、出席委員の3分の2以上の賛成により決するものとする。

3 委員会の会議は非公開とする。

4 特別の理由及び緊急を要する場合は、第1項の規定に関わらず持回りの審査を持って委員会の会議に替えることができる。この場合において、対象施設及び事業者の選定は、過半数の委員の賛成を得るものとする。

(関係職員の出席等)

第6条 委員会が必要と認める場合は、関係の職員が会議に出席し、意見を述べることができるものとする。

(庶務)

第7条 委員会の事務局は、住民税務課に置く。

(雑則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員会で定める。

附 則

この要綱は、平成28年10月21日から施行する。

附 則(平成30年告示第22号)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

飯島町太陽光発電に係る公の施設の屋根貸し事業選定委員会設置要綱

平成28年10月20日 告示第90号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第7編 生/第2章 保健衛生
沿革情報
平成28年10月20日 告示第90号
平成30年3月29日 告示第22号