○飯島町産前・産後サポート事業実施要綱

平成31年4月22日

告示第37号

飯島町産後サポート事業実施要綱(平成27年飯島町告示第32号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この要綱は、切れ目のない妊娠・出産・子育て支援の一環として、妊婦及び出産後の母子が地域の助産所等で受ける相談支援について費用補助を行い、妊婦及び産後の母子の心身の健康保持を図り、子どもを産み育てやすい環境の整備を図ることを目的にした産前・産後サポート事業(以下「サポート事業」という。)の実施について、必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 「妊婦」とは母子保健法(昭和40年法律第141号。以下「法」という。)第15条に規定する妊娠の届出をした者をいう。

(2) 「産婦」とは出産の日から起算して1年6月以内の者をいう。

(対象者)

第3条 この事業の対象者は、次条に規定するサポート事業実施日において飯島町に住所を有する妊婦、産婦(以下「妊産婦」という。)とする。

(事業内容)

第4条 この要綱においてサポート事業とは、産科医療機関及び助産所(以下「実施医療機関等」という。)において助産師等が実施する個別指導であって、次の各号に掲げるものをいう。

(1) 妊産婦の心身の健康管理に関すること。

(2) 授乳育児に関すること。

(3) その他子育て支援に関すること。

(実施医療機関等)

第5条 サポート事業で交付する産前・産後サポートクーポン(以下「クーポン」という。)を使うことのできる施設は、町長と契約した実施医療機関等とする。

(クーポンの交付)

第6条 町長は、法第15条に規定する妊娠の届出をした者に別に定めるクーポンを交付するものとする。

2 転入した妊産婦については、転入前の市町村等で同様のサポート事業による費用補助を受けていた場合は、すでに受けた回数を減ずるものとする。

(クーポンの再交付)

第7条 クーポンを紛失等した者は、飯島町産前・産後サポートクーポン再交付申請書(様式第1号)により、町長に再交付を申請するものとする。

2 町長は、前項の規定による申請を受理したときは、クーポンの欄外に「再交付」と朱書きした上でクーポンを交付するものとする。

(クーポンの有効期間)

第8条 クーポンの有効期間は、クーポンを交付した日から第2条第2号に規定する産婦である日までとする。

(負担金)

第9条 第4条で規定する以外の費用は妊産婦が負担するものとする。

(譲渡又は担保の禁止)

第10条 第6条によりクーポンの交付を受けた対象者(以下「受給者」という。)は、クーポンを他人に譲渡し、又は担保に供してはならない。

(クーポンの返還)

第11条 町長は、受給者がこの要綱の規定に違反したとき又はその他不正にクーポンの使用をしたときは、金銭により返還させることができる。

(請求)

第12条 実施医療機関等は、飯島町産前・産後サポート事業委託料請求書(様式第2号)及びサポート内容を記載したクーポンを翌月の10日までに町長へ提出するものとする。

(補則)

第13条 この要綱に定めるもののほか、この要綱の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、公布の日から施行する。

(適用)

2 この要綱の規定は、平成31年4月1日において妊婦である者から適用する。

(経過措置)

3 改正前の飯島町産後サポート事業実施要綱により交付を受けた産後サポートクーポンについては、なお従前の例による。

画像

画像

飯島町産前・産後サポート事業実施要綱

平成31年4月22日 告示第37号

(平成31年4月22日施行)