○飯島町乳児一般健康診査事業実施要綱

平成31年4月22日

告示第40号

飯島町乳児一般健康診査事業実施要綱(平成27年飯島町告示第31号)の全部を改正する

(趣旨)

第1条 この要綱は、切れ目のない妊娠・出産・子育て支援の一環として母子保健法(昭和40年法律第141号。以下「法」という。)第13条の規定に基づき乳児一般健康診査(以下「乳児健診」という。)の適切な受診を促し、乳児の健康保持増進を図ることを目的に、乳児一般健康診査事業の実施について、必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 乳児 法第6条第2項に規定する、1歳に満たない者をいう。

(2) 保護者 同条第4項に規定する親権を行う者、未成年後見人その他の者で、当該乳児を現に監護する者をいう。

(3) 実施医療機関 当該年度の長野県乳児一般健康診査実施要項(以下「県要項」という。)に基づき、乳児健診の実施について町長が契約する一般社団法人長野県医師会の会員である医師が開設又は管理する医療機関をいう。

(実施主体)

第3条 この事業の実施主体は、飯島町とする。

2 町長は、乳児健診の実施について実施医療機関に対し、この事業を委託することができるものとする。

(対象者)

第4条 この事業の対象者は、乳児健診受診日において飯島町に住所を有する乳児とする。

(事業内容)

第5条 町長は、対象者に対し、県要項で定める内容及び方法により乳児健診を行い、その費用の助成を行うものとする。

(実施医療機関)

第6条 乳児健診は、実施医療機関で実施するものとする。

(受診票の交付)

第7条 町長は、戸籍法(昭和22年法律第224号)第49条に基づき出生の届出をした乳児の保護者に、乳児一般健康診査受診票(以下「受診票」という。)を交付するものとする。

2 町長は、転入した乳児については、転入前の住所地における乳児健診の補助回数と合わせて、県要項に規定した枚数を限度とし受診票を交付するものとする。

(受診票の再交付)

第8条 受診票を紛失等した保護者は、飯島町乳児一般健康診査受診票再交付申請書(別記様式)により、町長に再交付を申請するものとする。

2 町長は、前項の規定による申請を受理したときは、受診票の欄外に「再交付」と朱書きした上で受診票を交付するものとする。

(受診の方法、時期及び回数)

第9条 対象者は、第7条の規定により交付された受診票により、実施医療機関において受診するものとする。

2 乳児健診の受診時期及び回数については、県要項で定めるとおりとする。

(費用負担)

第10条 対象者は、実施医療機関において乳児健診を受ける場合は、県要項に定める乳児健診料の額を超えた額については直接実施医療機関に支払うものとする。

(譲渡又は担保の禁止)

第11条 保護者は、受診票を他人に譲渡し、又は担保に供してはならない。

(受診票の返還)

第12条 町長は、保護者がこの要綱の規定に違反したとき又はその他不正に受診票の使用をしたときは、金銭により返還させることができる。

(補則)

第13条 この要綱に定めるもののほか、乳児健診の実施について必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

画像

飯島町乳児一般健康診査事業実施要綱

平成31年4月22日 告示第40号

(平成31年4月22日施行)