○飯塚地区消防組合監査委員監査事務規程

昭和45年4月27日

監査訓令第1号

(目的)

第1条 この規程は、監査委員の監査事務執行に必要な事項を定めることを目的とする。

(適用の範囲)

第2条 監査は、別に定めのある場合を除くほか、この規程の定めるところにより行なう。

(本旨)

第3条 監査は、よくその事実を考察して組合行政の円満なる運営に資することを本旨とする。

(監査等の種別)

第4条 監査は、定期監査、随時監査、要求又は請求による監査、現金の出納検査及び決算審査等に分けて行なう。

(実施日時等の通知)

第5条 監査を行なうときは、あらかじめその期日、場所及び監査事項等を組合の長に通知する。ただし、必要があるときは予告しないで行なうことができる。

(定期監査)

第6条 定期監査は、おおむね次の事項について行なう。

(1) 法規及び例規の運用状況

(2) 職員の配置及び勤務の状況

(3) 事業の計画及び管理運営の状況

(4) 予算の執行及び経理の状況

(5) 組合有財産の管理運営及び処分の状況

(6) 工事請負並びに物品供給契約及び履行の状況

(7) その他必要と認める事項

(随時監査)

第7条 随時監査は、委員において必要があると認めたとき、その事務等についてこれを行なう。

(要求又は請求による監査)

第8条 要求又は請求による監査は、所轄行政庁、議会及び長の要求があつたとき、並びに本組合行政区域内の選挙権を有する市民から正当な手続を経て請求があつた場合、その事務等についてこれを行なう。

(現金の出納検査)

第9条 現金の出納検査は、毎月1回行なうものとする。

(決算審査)

第10条 決算審査は、組合長から証書類とあわせて提示された決算を審査し、その意見を付さなければならない。

(職員の任務)

第11条 書記及びその他の職員は上司の命を受け事務を処理する。

(公印)

第12条 監査委員及び代表監査委員の公印を別表のように定める。

(準用規定)

第13条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、飯塚地区消防組合の例による。

(その他の事項)

第14条 この規程に定めるもののほか、監査に必要な事項は、監査委員が協議して定める。

附 則

この規程は、昭和45年4月27日から施行する。

別表

方20ミリメートル

方20ミリメートル

画像

画像

飯塚地区消防組合監査委員監査事務規程

昭和45年4月27日 監査委員訓令第1号

(昭和45年4月27日施行)