○射水市特別の理由による任意予防接種費助成金交付要綱

令和2年4月1日

告示第135号

(趣旨)

第1条 この要綱は、骨髄移植手術その他の理由により、過去に接種済みの定期の予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断された者が、任意で再度の予防接種を受ける場合に要する費用の助成について、射水市補助金等交付規則(平成17年射水市規則第28号)で定めるもののほか必要な事項を定めるものとする。

(助成対象予防接種)

第2条 助成の対象となる予防接種(以下「助成対象予防接種」という。)次の各号に掲げる要件の全てに該当するものとする。

(1) 予防接種法(昭和23年法律第68号)第2条第2項に規定するA類疾病にかかるものであること。

(2) 使用するワクチンが、予防接種実施規則(昭和33年厚生省令第27号)の規定によるものであること。

(3) 20歳に達するまでの間の接種であること。ただし、予防接種法施行規則(昭和23年厚生省令第36号)第2条の6の表の上欄に掲げる特定疾病に係る予防接種にあってはそれぞれ同条の規定による年齢に達するまでの接種であること。

(接種対象者)

第3条 助成対象予防接種の対象者(以下「接種対象者」という。)は、次の各号の要件全てに該当する者とする。

(1) 骨髄移植手術その他の理由により、接種済みの定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断されていること。

(2) 助成対象予防接種の接種日において、市内に住所を有すること。

(3) 再度接種しようとする接種済の予防接種の接種回数及び接種間隔が予防接種実施規則の規定によるものであること。

2 前項の規定にかかわらず、市長が特に必要があると認めた者は、接種対象者とすることができる。

(助成対象者)

第4条 助成金の交付の対象となる者(以下「助成対象者」という。)は、接種対象者の保護者(親権を行う者、後見人又は現に接種対象者を養育している者を言う。以下同じ。)とする。

(助成金額)

第5条 助成金の額は、助成対象者が助成対象予防接種を受けた医療機関に支払った額、又は当該助成対象予防接種について、市が公益社団法人射水市医師会と締結する個別予防接種の委託契約に定める単価等に基づき算出した額のいずれか低い額とする。

(助成対象認定申請)

第6条 助成金の交付を受けようとする助成対象者は、射水市特別の理由による任意予防接種費用助成対象認定申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)に次に掲げる書類を添えて、助成対象予防接種を受ける前に市長に提出しなければならない。

(1) 射水市特別の理由による任意予防接種費用助成に関する理由書(様式第2号)

(2) 母子健康手帳(骨髄移植手術その他の理由が生じる以前の予防接種の履歴を確認できるもの)又は当該履歴が確認できるものの写し

(助成対象認定の決定)

第7条 市長は、前条の申請書の提出があったときは、これを審査し、申請の認定を決定したときは、射水市特別の理由による任意予防接種費用助成対象認定通知書(様式第3号。以下「認定書」という。)により、申請の却下を決定したときは、射水市特別の理由による任意予防接種費用助成対象認定却下通知書(様式第4号)により通知するものとする。

(実施の方法)

第8条 認定書の交付を受けた助成対象者は、医療機関(国内に所在するものに限る)において接種対象者に助成対象予防接種を受けさせ、その接種に要した費用を当該医療機関に支払うものとする。

(助成金の申請及び交付)

第9条 助成金を申請しようとする助成対象者は、助成対象予防接種を受けた後、速やかに射水市特別の理由による任意予防接種費用助成金交付申請書兼請求書(様式第5号)に、次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 予防接種に要する費用を支払ったことを証する書類

(2) 予診票

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

2 助成金を、申請できる期間は、原則として接種対象者が予防接種を受けた日から起算して6箇月以内とする。

(交付の決定及び助成金の交付)

第10条 市長は、前条に規定する申請があったときには、その内容を審査の上、助成金の交付の可否を決定し、射水市特別の理由による任意予防接種費用助成金交付(不交付)決定(兼確定)通知書(様式第6号)により申請者に通知するとともに、助成対象者に対し、当該決定者が指定する口座へ振り込む方法により助成金を交付するものとする。

2 市長は、前項の審査に際し必要があると認めるときは、医療機関等に申請の内容について確認することができる。

(助成金の返還)

第11条 市長は、偽りその他不正の行為により助成金の交付を受けた者があるときは、その者から当該助成金の全部又は一部を返還させることができる。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(令和2年12月25日告示第270号)

この告示は、令和3年1月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像画像

画像

射水市特別の理由による任意予防接種費助成金交付要綱

令和2年4月1日 告示第135号

(令和3年1月1日施行)