○伊那市例規審査委員会規程

平成18年3月31日

訓令第4号

(設置)

第1条 市の条例、規則等を審査するため、伊那市例規審査委員会を置く。

(審査事項)

第2条 伊那市例規審査委員会は、次に掲げる事項について審査する。

(1) 条例及び規則の制定及び改廃に関すること。

(2) 特に重要な告示及び訓令の制定及び改廃に関すること。

(3) 特に重要な法令の解釈及び適用に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が審査を命じた事項に関すること。

2 前項の場合において、委員長が必要と認めたときは、それに伴う運用上の問題について審査することができる。

3 前2項の規定は、議会並びに地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条の5に規定する委員会及び委員等において定める規則、規程等について準用することができる。

(組織)

第3条 伊那市例規審査委員会(以下「委員会」という。)は、委員長、副委員長及び委員若干人をもって構成する。

2 委員長には副市長を、副委員長には総務部長を充て、委員は市の職員のうちから市長が任命する。

(任期)

第4条 委員の任期は2年とし、再任は妨げないものとする。

(委員長等の職務)

第5条 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。

2 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第6条 委員会は、委員長が招集し、委員長が議長となる。

2 委員長は、委員会を招集するときは、あらかじめ審議に付すべき事案を委員に配布しなければならない。

3 委員長は、必要と認める部課長及びその他職員を委員会に出席させ、説明又は意見を求めることができる。

(持ち回り等審査)

第7条 審査すべき事案について、委員長が急施を要し委員会に付議するいとまがないと認めたとき、又は付議する必要がないと認めたときは、事務担当者が持ち回りにより委員の審査を経ること又は委員長が審査することをもって、委員会の審査に代えることができる。

(幹事)

第8条 委員会に幹事若干人を置き、職員のうちから市長が任命する。

2 幹事は委員長の命を受け、委員会の庶務に従事し、かつ、委員会に出席して意見を述べることができる。

(補則)

第9条 この訓令に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が別に定める。

この訓令は、平成18年3月31日から施行する。

(平成22年5月17日訓令第11号)

この訓令は、平成22年5月17日から施行する。

伊那市例規審査委員会規程

平成18年3月31日 訓令第4号

(平成22年5月17日施行)

体系情報
第4類 行政通則/第3章 文書・公印
沿革情報
平成18年3月31日 訓令第4号
平成19年4月1日 訓令第15号
平成22年5月17日 訓令第11号