○伊那市福祉事務所嘱託医要綱

平成18年3月31日

告示第25号

(設置)

第1条 福祉事務所における生活保護法(昭和25年法律第144号。以下「法」という。)による医療扶助及び医療関係業務の適正な運営を図るため、伊那市福祉事務所嘱託医(以下「嘱託医」という。)を置く。

(任務)

第2条 嘱託医の任務は、次に掲げる事項とする。

(1) 法による医療扶助適用の要否及び就労の可否に関する医学的診断

(2) 法第28条の規定による検診命令が行われた者に対する検診

(3) 特別障害者手当及び障害児福祉手当に関する医学的診断

(4) 前3号に掲げるもののほか、福祉事務所長から要請があった場合の医学的助言及び指導

(委嘱)

第3条 市長は、識見を有し、社会福祉に理解のある医師のうちから精神科医師1人及び精神科以外の医師1人を嘱託医として委嘱するものとする。

(任期)

第4条 嘱託医の任期は、2年とする。

(補則)

第5条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

この告示は、平成18年3月31日から施行する。

伊那市福祉事務所嘱託医要綱

平成18年3月31日 告示第25号

(平成18年3月31日施行)

体系情報
第9類 社会福祉・社会保険/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成18年3月31日 告示第25号