○伊那市まちづくり拠点施設条例

平成18年3月31日

条例第98号

(設置)

第1条 市民の健康の増進と福祉の向上を図るため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定により、まちづくり拠点施設を設置する。

(名称及び位置)

第2条 まちづくり拠点施設(以下「施設」という。)の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 まちづくり拠点施設

位置 伊那市長谷非持544番地1

2 まちづくり拠点施設の愛称を「気の里ヘルスセンター栃の木」とする。

(事業)

第3条 施設は、次に掲げる事業を行う。

(1) 保健及び福祉事業の推進に関すること。

(2) 食文化研究調査に関すること。

(3) 農村都市交流に関すること。

(4) 施設の貸出しに関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認めること。

(使用の許可)

第4条 施設を使用しようとする者は、あらかじめ市長に申請し、許可を受けなければならない。

2 市長は、前項の許可に際し、管理上必要な条件を付することができる。

(使用の制限)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、施設の使用を許可しないものとする。

(1) 公の秩序又は善良の風俗を乱すおそれがあるとき。

(2) 集団的又は常習的に暴力的不法行為を行う組織の利益になるおそれがあるとき。

(3) 施設、設備、器具等を損傷するおそれがあるとき。

(4) 政治的又は宗教的活動に使用するおそれがあるとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、管理運営上支障があるとき。

(使用許可の取消し等)

第6条 市長は、第4条の規定により使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)次の各号のいずれかに該当するときは、使用の許可を取り消し、又はその使用を中止し、若しくは変更することができる。

(1) 第4条第2項に規定する条件に違反したとき。

(2) 前条各号に掲げる理由が生じたとき。

(3) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(4) 市長が公用又は公益のためやむを得ないと認めたとき。

2 前項第1号から第3号までの事由による施設の使用許可の取消し等により、使用者に損害が生じても市長は、その責めを負わない。

(使用料)

第7条 使用者は、別表に掲げる施設を使用したときは、同表に定める使用料を負担しなければならない。

(使用料の減免)

第8条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合であって、特に必要と認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(1) 国又は地方公共団体が使用するとき。

(2) 社会福祉関係団体が使用するとき。

(3) 社会教育関係団体が使用するとき。

(4) 市民が福祉、厚生、教育又は文化の向上を図るための講演会、研修会、展示会その他これに類するものに使用するとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が公益上特に必要と認めるとき。

(目的外使用の禁止)

第9条 使用者は、施設の使用の権利を譲渡し、若しくは転貸し、又は許可を受けないで使用目的を変更してはならない。

(原状回復の義務)

第10条 使用者は、施設の使用を終了したとき、又は使用を停止し、若しくは使用許可を取り消されたときは、直ちに施設等を原状に回復しなければならない。

2 使用者が前項の義務を履行しないときは、市長がこれを代行し、その費用は使用者が負担しなければならない。

(損害賠償の義務)

第11条 使用者は、施設等に損害を与えた場合には、市長が相当と認める損害額を賠償しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、賠償額を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第12条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の長谷村まちづくり拠点施設条例(平成18年長谷村条例第8号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

別表(第7条関係)

(1) 施設使用料

区分

1日

半日

夜間

多目的スペース

3,000円

1,500円

2,000円

研修室

1,400円

700円

800円

調理実習室(電気・水道付)

2,000円

1,000円

1,500円

(2) 冷暖房使用料

区分

1日

半日

夜間

多目的スペース

1,800円

900円

900円

研修室

600円

300円

300円

調理実習室

600円

300円

300円

備考

1 1日とは、午前9時から午後5時までをいう。

2 半日とは、午前9時から正午まで及び午後1時から午後5時までをいう。

3 夜間とは、午後5時から午後9時までをいう。

4 定められた時間を超えて使用した場合は、1時間を単位として、1時間に満たない時間は、1時間とみなし、次の時間の範囲に規定する額の1時間当たりの額を、その渡った時間に乗じて得た額を追加徴収する。

伊那市まちづくり拠点施設条例

平成18年3月31日 条例第98号

(平成18年3月31日施行)