○伊那市農業委員会事務局規程

平成18年3月31日

農業委員会訓令第2号

(設置)

第1条 伊那市農業委員会(以下「農業委員会」という。)の事務を処理するため、伊那市農業委員会事務局(以下「事務局」という。)を設置する。

(係)

第2条 事務局に次の係を置く。

(1) 庶務係

(2) 農地係

(各係の分掌事務)

第3条 各係の事務の分掌は、次のとおりとする。

庶務係

ア 委員会の議事及び会議録の作製保管に関すること。

イ 規程の制定改廃及び令達に関すること。

ウ 予算、決算その他財政一般に関すること。

エ 機密に関すること。

オ 渉外に関すること。

カ 公印及び文書備品の管理保管に関すること。

キ 委員の身分及び報酬に関すること。

ク 職員の進退及び身分に関すること。

ケ 文書の受発決裁保管に関すること。

コ 農産物の価格対策及び各種税対策に関すること。

サ 農業及び農民に関する事項に係る啓もう宣伝に関すること。

シ 農業労働力の調整に関すること。

ス 各種生産費調査及び統計資料に関すること。

セ 農業及び農村に関する振興計画の樹立及び実施の推進に関すること。

ソ 資金融資の申請処理に関すること。

タ 農業経営の合理化及び農民生活の改善に関すること。

チ 農業後継者の育成に関すること。

ツ 農業者年金に関すること。

テ 農地の賃借料に係る情報の提供に関すること。

ト 農地所有適格法人に関すること。

ナ アからトまでに掲げるもののほか、他の係に属さないこと。

農地係

ア 農地法(昭和27年法律第229号)関係各種申請処理に関すること。

イ 農地の利用関係のあっせん調整及び争議防止に関すること。

ウ 土地改良法(昭和24年法律第195号)による農地等の交換分合及びこれに付随する事項に関すること。

エ 国有農地等の管理に関すること。

(職員)

第4条 事務局に、事務局長(以下「局長」という。)その他必要な職員を置く。

2 事務局に、必要に応じて、次長を置くことができる。

3 局長は、農業委員会長の命を受け、事務局の事務を掌理し、部下職員を指揮監督する。

4 次長は、局長の職務遂行を補佐する。

5 その他の職員は、上司の命を受け、事務に従事する。

(専決事項)

第5条 局長の専決事項については、市長事務部局の課長の専決事項の例による。

(文書の管理)

第6条 農業委員会の文書の取扱いについては、伊那市文書管理規程(平成18年伊那市訓令第3号)の例による。この場合において、課等の名称を表す記号は「農委」とする。

(補則)

第7条 この訓令に定めるもののほか、事務局の組織、職名、職員の服務、事務処理その他の事項については、別に定めるものを除き、市長事務部局の例による。

この訓令は、平成18年3月31日から施行する。

(平成22年3月30日農委訓令第1号)

この規程は、平成22年4月1日から施行する。

(平成28年3月29日農委訓令第3号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

伊那市農業委員会事務局規程

平成18年3月31日 農業委員会訓令第2号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第10類 業/第2章 林/第1節 農業委員会
沿革情報
平成18年3月31日 農業委員会訓令第2号
平成22年3月30日 農業委員会訓令第1号
平成28年3月29日 農業委員会訓令第3号