○伊那市生活改善センター及び集会施設条例

平成18年3月31日

条例第94号

(設置)

第1条 地域住民の利用に供し、もって市民の福祉を増進するため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条第1項の規定により、生活改善センター及び集会施設(以下「生活改善センター等」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 生活改善センター等の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 生活改善センター

名称

位置

御堂垣外生活改善センター

伊那市高遠町藤沢3963番地

台殿生活改善センター

伊那市高遠町藤沢175番地

北原生活改善センター

伊那市高遠町藤沢725番地

東高遠生活改善センター

伊那市高遠町東高遠324番地

三義生活改善センター

伊那市高遠町山室2018番地

川辺生活改善センター

伊那市高遠町山室596番地3

水上生活改善センター

伊那市高遠町藤沢2612番地

片倉南原生活改善センター

伊那市高遠町藤沢5806番地の5

三番組生活改善センター

伊那市高遠町東高遠801番地

五番組生活改善センター

伊那市高遠町東高遠283番地2

松倉生活改善センター

伊那市高遠町藤沢4673番地

引持生活改善センター

伊那市高遠町上山田1535番地1

多町生活改善センター

伊那市高遠町西高遠505番地2

島畑生活改善センター

伊那市高遠町西高遠366番地

新栗生活改善センター

伊那市高遠町長藤1406番地3

相生町生活改善センター

伊那市高遠町西高遠487番地27

新町生活改善センター

伊那市高遠町西高遠1819番地1

的場生活改善センター

伊那市高遠町東高遠1317番地3

押出農村コミュニティ施設

伊那市高遠町上山田81番地2

(2) 集会施設

名称

位置

宮原集会施設

伊那市高遠町山室3315番地

稲持集会施設

伊那市高遠町西高遠336番地1

芝平集会施設

伊那市高遠町上山田2198番地1

新井集会施設

伊那市高遠町山室1901番地の1

塩供集会施設

伊那市高遠町長藤3939番地1

藤沢多目的集会施設

伊那市高遠町藤沢3303番地

勝間集会施設

伊那市高遠町勝間1130番地

黒沢多目的集会施設

伊那市高遠町長藤5274番地の1

栗田多目的集会施設

伊那市高遠町長藤6875番地

片倉多目的集会施設

伊那市高遠町藤沢5941番地の1

弥勒多目的集会施設

伊那市高遠町長藤606番地1

小原下多目的集会施設

伊那市高遠町小原466番地11

三栄集会施設

伊那市高遠町上山田1693番地の1

荊口多目的集会施設

伊那市高遠町荊口510番地1

板山多目的集会施設

伊那市高遠町長藤1862番地1

中条多目的集会施設

伊那市高遠町長藤4768番地

下山田集会施設

伊那市高遠町下山田930番地

中村多目的集会施設

伊那市高遠町長藤3097番地

弥勒生活改善施設附帯施設

伊那市高遠町長藤605番地

野笹多目的集会施設

伊那市高遠町長藤2285番地2

荒町活動拠点施設

伊那市高遠町藤沢1394番地1

番匠交流施設

伊那市高遠町西高遠810番地1

(指定管理者による管理)

第3条 前条に規定する生活改善センター等の管理は、地方自治法第244条の2第3項の規定により、指定管理者(同項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に行わせるものとする。

(指定管理者が行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 生活改善センター等の使用の許可、使用の停止等に関する業務

(2) 生活改善センター等の施設及び附属設備(以下「施設等」という。)の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、生活改善センター等の運営に関する業務のうち、市長のみの権限に属する事務を除く業務

(開館時間及び休館日)

第5条 生活改善センター等の開館時間及び休館日は、次のとおりとする。

(1) 開館時間 午前8時30分から午後10時まで

(2) 休館日 なし

2 前項の規定にかかわらず、指定管理者は、必要があると認めるときは、市長の承認を得て、生活改善センター等の開館時間及び休館日を変更することができる。

(使用の申請及び許可)

第6条 生活改善センター等を使用しようとする者は、あらかじめ指定管理者に申請し、許可を受けなければならない。許可を受けた事項の変更又は取消しをしようとするときも、同様とする。

2 指定管理者は、前項の許可に際し、管理上必要な条件を付すことができる。

(使用許可の制限)

第7条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用許可をしないことができる。

(1) 公の秩序又は善良の風俗を害するおそれのあるとき。

(2) 施設等を損傷し、又は滅失するおそれのあるとき。

(3) 管理運営上支障を来すおそれのあるとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、指定管理者が使用を不適当と認めるとき。

(目的外使用等の禁止)

第8条 第6条の使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、許可を受けた目的以外に使用し、又はその権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(使用許可の取消し等)

第9条 指定管理者は、使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、使用許可を取り消し、又は使用を停止し、若しくは使用条件を変更することができる。この場合において、使用者に生じた損害については、指定管理者はその責めを負わない。

(1) この条例の規定に違反したとき。

(2) 許可の内容又は条件に違反したとき。

(3) 生活改善センター等の管理上必要とする指示に従わないとき。

(4) 第7条各号の規定のいずれかに該当したとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、指定管理者が特に必要があると認めたとき。

(原状回復の義務)

第10条 使用者は、生活改善センター等の使用を終了したとき、又は使用を停止し、若しくは使用許可を取り消されたときは、直ちに施設等を原状に回復しなければならない。

2 使用者が前項の義務を履行しないときは、市長がこれを代行し、その費用は、使用者が負担しなければならない。

(損害賠償の義務)

第11条 使用者は、施設等に損害を与えた場合には、市長が相当と認める損害額を賠償しなければならない。ただし、市長が特別な理由があると認めるときは、賠償額を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第12条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

この条例は、平成18年3月31日から施行する。

(平成18年6月30日条例第245号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年9月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに、この条例による改正前の伊那市生活改善センター及び集会施設条例の規定により受けた施行日以後の使用の許可は、この条例による改正後の伊那市生活改善センター及び集会施設条例の規定により受けた使用の許可とみなす。

(平成24年3月30日条例第9号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成30年3月26日条例第17号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

伊那市生活改善センター及び集会施設条例

平成18年3月31日 条例第94号

(平成30年4月1日施行)