○伊那市林道管理規則

平成18年3月31日

規則第104号

(趣旨)

第1条 この規則は、伊那市が管理する林道の維持、保全等に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「林道」とは、森林の開発、利用又は保全を主たる目的として開設され、管理される道路で、林道として市長が認定したものをいう。

(維持管理)

第3条 市長は、林道を常に良好な状態に保つよう維持管理し、もって交通に支障を及ぼさないよう努めなければならない。

(行為の禁止)

第4条 何人も、林道に関し、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) みだりに林道を損傷し、又は汚損すること。

(2) みだりに林道に土石、竹木等の物件をたい積し、その他林道の構造又は交通に支障を及ぼすおそれのある行為をすること。

(原状回復)

第5条 前条の規定に違反した者は、林道を原状に回復しなければならない。

(通行の禁止又は制限)

第6条 市長は、次の各号のいずれかに掲げる場合においては、区間を定めて林道の通行を禁止し、又は制限することができる。

(1) 林道の破損、欠壊その他の事由により通行が危険であると認められる場合

(2) 林道に関する工事のため、やむを得ないと認められる場合

(3) 前2号に掲げるもののほか、特に必要と認められる場合

2 市長は、前項の規定により林道の通行を禁止し、又は制限しようとする場合においては、禁止し、又は制限する林道の起点その他必要な場所に、その旨を掲示しなければならない。

(占用の許可)

第7条 林道に次の各号のいずれかに掲げる工作物、物件又は施設を設け、継続して林道を使用しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(1) 電柱、電線、変圧塔その他これらに類する工作物

(2) 水管、下水道管その他これらに類する物件

(3) 林産物、鉱産物等の集積場又は積載施設その他これらに類する施設

(4) 通路その他これに類する施設

(5) 前各号に掲げるもののほか、林道の構造又は交通に支障を及ぼすおそれのある工作物、物件又は施設

(原状回復)

第8条 前条の占用許可を受けた者は、林道の占用期間が満了した場合又は林道の占用を廃止した場合においては、林道の占用をしている工作物、物件又は施設を除去し、林道を原状に回復しなければならない。ただし、原状に回復することが不適当な場合においては、この限りでない。

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の伊那市林道管理規則(平成2年伊那市規則第29号)、高遠町林道管理規則(昭和43年高遠町規則第2号)又は長谷村林道管理規則(昭和34年長谷村規則第23号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

伊那市林道管理規則

平成18年3月31日 規則第104号

(平成18年3月31日施行)