○伊那市小規模工事・修繕受注希望者登録要領

平成18年3月31日

告示第139号

(目的)

第1条 この告示は、市内の建設工事及び修繕の請負業者で、伊那市建設工事等入札制度合理化対策要綱(平成18年伊那市告示第138号)の規定により入札参加資格を付与しないもの及び入札参加資格審査の申請をしなかったものを対象に、市が発注する小規模な建設工事や修繕等(以下「小規模工事・修繕」という。)の受注を希望する者の名簿(以下「名簿」という。)登録を受け付け、随意契約における見積徴取の際の選定資料とすることにより、市内小規模業者の受注機会の拡大を図ることを目的とする。

(登録できる者)

第2条 前条の名簿に登録ができる者は、次に掲げる要件を満たすものとする。

(1) 市内に主たる事業所を置く者

(2) 随意契約に係る契約を締結する能力を有する者

(3) 市税及び市の各種料金等を滞納していない者

(4) 建設工事等入札参加資格者名簿に登載されていない者

(5) 希望業種を履行するために必要な資格、免許等を有する者

(対象となる契約)

第3条 名簿に登録された者が受注できる小規模工事・修繕の対象となる契約は、予定価格が100万円未満で、その契約の内容が軽易で、かつ、その履行の確保が容易であると認められるものとする。

(登録の方法)

第4条 登録を希望する者は、次に定める書類により、市長に申請しなければならない。

(1) 小規模工事・修繕受注希望者登録申請書(兼同意書)(別記様式)

(2) 市税及び市の各種料金等を完納していることを証す書類又は市が行う滞納が無いことを確認する調査の同意書

(3) 希望業種の実績を示す書類の写し

(4) 資格、免許等が必要な業種を希望する者にあっては、その資格者証、免許証等の写し

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事項

(名簿の登録及び期間)

第5条 各月の末日(休日に当たる場合は、その前日)までに、申請を受理した者は、受理した月の翌々月から名簿に登録する。

2 名簿に登録される期間は、前項の申請を受理した年度の6月1日から起算して2年間とする。

(登録事項の変更の届出)

第6条 名簿に登録された者は、申請内容に変更が生じたときは、変更内容を記載した書面により、遅滞なくその旨を市長に届け出なければならない。

2 前項の届出があったときは、速やかに名簿を更新するものとする。

(名簿からの抹消)

第7条 名簿に登録された者が、第2条の登録要件に該当しなくなったとき、又は契約に関して不正若しくは不誠実な行為等があったときは、当該者を名簿から抹消するものとする。

(名簿の公開)

第8条 登録者名簿は、契約制度の公平及び透明性を図るため、総務部契約課において一般の閲覧に供するものとする。

(補則)

第9条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の伊那市小規模工事・修繕受注希望者登録要領(平成16年伊那市訓令第12号)の規定によりなされた決定、手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年4月1日告示第112号)

この告示は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日告示第160号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

画像

伊那市小規模工事・修繕受注希望者登録要領

平成18年3月31日 告示第139号

(平成28年4月1日施行)