○伊那部宿旧井澤家住宅条例施行規則

平成18年3月31日

教育委員会規則第27号

(趣旨)

第1条 この規則は、伊那部宿旧井澤家住宅条例(平成18年伊那市条例第198号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(観覧の手続及び施設等利用の申請)

第2条 伊那部宿旧井澤家住宅(以下「旧井澤家住宅」という。)の展示資料等を観覧しようとする者は、条例別表第1項の規定による観覧料と引替えに伊那部宿旧井澤家住宅観覧券(様式第1号)の交付を受けるものとする。

2 旧井澤家住宅の施設及び器具(以下「施設等」という。)の利用に係る条例第7条第1項の申請は、伊那部宿旧井澤家住宅施設等利用許可申請書(様式第2号)を指定管理者に提出することにより行うものとする。

3 前項の利用の申請は、施設等利用日の1月前から前日まで受け付けるものとする。ただし、指定管理者が特別の理由があると認めたときは、この限りでない。

4 施設等利用に係る条例第7条第1項の許可は、伊那部宿旧井澤家住宅施設等利用許可兼領収書(様式第3号。以下「許可書」という。)の交付により行うものとする。

5 施設等の利用を許可された者は、施設等を利用するときは、前項の許可書を携帯し、指定管理者に提示しなければならない。

(施設等利用の変更又は取消し)

第3条 施設等の利用に係る条例第7条第1項の許可事項の変更又は取消し(以下「許可事項の変更等」という。)の場合の申請は、伊那部宿旧井澤家住宅施設等利用許可変更・取消申請書(様式第4号)前条第4項の許可書を添えて提出することにより行うものとする。

2 許可事項の変更等の場合の許可は、伊那部宿旧井澤家住宅施設等利用許可変更・取消許可書(様式第5号)の交付により行うものとする。

3 前条第5項の規定は、許可事項の変更を許可された者について準用する。

(器具利用料)

第4条 条例別表第3項に規定する教育委員会が別に定める額は、別表第1のとおりとする。

(観覧料等の減免)

第5条 条例第12条に規定する利用料金の減免のうち、条例別表第1項に規定する利用料金の減免を受けようとする者は、伊那部宿旧井澤家住宅観覧料減免申請書(様式第6号)を指定管理者に提出しなければならない。

2 条例第12条に規定する利用料金の減免のうち、条例別表第2項及び第3項に規定する利用料金の減免(以下「施設等利用料金の減免」という。)を受けようとする者(以下「減免の申請者」という。)は、伊那部宿旧井澤家住宅施設等利用料金減免申請書(様式第2号)を指定管理者に提出しなければならない。

3 施設等利用料金の減免に係る対象事由及び減免額は、別表第2に定めるところによる。

4 指定管理者は、第2項の申請に対して施設等利用料金の減免を決定したときは、減免の申請者に対し、伊那部宿旧井澤家住宅施設等利用料金減免決定書(様式第3号)を交付する。

(利用料金の還付)

第6条 条例第13条ただし書に規定する利用料金の還付(以下「利用料金の還付」という。)を受けようとする者(以下「還付の申請者」という。)は、伊那部宿旧井澤家住宅利用料金還付申請書(様式第5号)を指定管理者に提出しなければならない。

2 利用料金の還付に係る対象事由及び還付額は、別表第3に定めるところによる。

3 指定管理者は、第1項の申請に対して利用料金の還付を決定したときは、還付の申請者に対し、伊那部宿旧井澤家住宅利用料金還付決定書(様式第6号)を交付する。

(遵守事項)

第7条 旧井澤家住宅を利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 火災、盗難、事故等の防止のための係員の指示に従うこと。

(2) 展示資料等の写真撮影等をしようとするときは、係員の指示に従うこと。

(利用者心得の公示)

第8条 指定管理者は、利用者に対して禁止行為及び遵守事項を公示するものとする。

(資料の寄贈又は委託)

第9条 旧井澤家住宅に資料を寄贈し、又は委託しようとする者は、伊那市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に申し出て承認を受けた後現品を提供するものとする。

(委託陳列品の取扱い)

第10号 委託陳列品が天災その他避けることができない理由により受けた損失に対して、教育委員会は、その責めを負わない。

(補則)

第11条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、教育委員会が別に定める。

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の伊那部宿旧井澤家住宅条例施行規則(平成17年伊那市規則第4号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成24年12月28日教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

(令和4年1月1日教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表第1(第4条関係)

区分

利用料

ストーブ

1台につき1回400円

備考 1回とは、条例別表第2項に定める午前及び午後をそれぞれ単位とする。

別表第2(第5条関係)

対象事由

減額又は免除の額

(1) 市の主催事業又は共催事業に使用するとき。

全額

(2) 国、県等の公共団体又は公共的団体等が条例第1条の目的に沿った事業に使用するとき。

全額

(3) 上記以外の団体が条例第1条の目的に沿った事業に使用するとき。

100分の70に相当する額

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認めたとき。

100分の50に相当する額

別表第3(第6条関係)

対象事由

還付額

(1) 利用者の責めによらない理由により、利用することができなくなったとき。

全額

(2) 利用する日以前10日までに第3条第2項の許可書が交付されたとき。

全額

(3) 利用する日以前5日までに第3条第2項の許可書が交付されたとき。

100分の50に相当する額

(4) 前3号に掲げるもののほか、指定管理者が正当な理由があると認めたとき。

指定管理者が必要と認めた額

画像

画像

画像

画像

画像

画像

伊那部宿旧井澤家住宅条例施行規則

平成18年3月31日 教育委員会規則第27号

(令和4年1月1日施行)