○伊那市歴史博物館条例施行規則

平成18年3月31日

教育委員会規則第28号

(趣旨)

第1条 この規則は、伊那市歴史博物館条例(平成18年伊那市条例第199号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(施設の使用)

第2条 条例第6条第1項の規定により伊那市立高遠町歴史博物館(以下「博物館」という。)の施設を使用しようとする者は、あらかじめ施設使用許可申請書を伊那市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出しなければならない。

2 前項の申請があったときは、教育委員会は、その内容及び運営上の支障等を考慮の上、許可しないことができる。

3 前項の許可は、施設使用許可書の交付により行うものとする。

(入館料等の減免)

第3条 条例第7条の規定により入館料又は使用料の減免を受けようとする者は、あらかじめ、入館料(使用料)減免申請書を市長に提出しなければならない。

2 市長は、入館料又は使用料の減免を承認した場合は、入館料(使用料)減免承認書を交付する。

(協議会)

第4条 条例第13条の規定による協議会に、会長及び副会長各1人を置き、委員が互選する。

2 会長は、会務を総理し、協議会を代表する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

4 協議会は、会長が招集し、会長が議長となる。

(資料の貸出し)

第5条 所蔵する資料の館外貸出しは、原則として行わない。ただし、他の博物館等の教育又は学術調査を目的とした行事等に貸出しをすることができる。

2 資料の館外貸出しを受けようとする者は、資料貸出承認申請書を教育委員会に提出し、承認を受けなければならない。

3 教育委員会は、前項の申請を承認したときは、資料貸出承諾書を交付するものとする。

4 資料の館外貸出期間は、30日以内とする。ただし、教育委員会が必要と認めるときは、これを延長することができる。

(寄贈及び寄託)

第6条 資料の寄贈又は寄託(無償のものに限る。以下同じ。)の申出があったときは、教育委員会は、その由来等を調査し、諾否を決定するものとする。

2 教育委員会は、寄託された資料を博物館所有のものと同様の注意をもって保管し、又は展示するものとする。

3 寄贈又は寄託に当たり、教育委員会及び寄贈者又は寄託者は、次の文書により手続を行うものとする。

(1) 寄贈しようとするとき 寄贈書

(2) 寄贈を受けたとき 受領書

(3) 寄託しようとするとき 寄託同意書

(4) 寄託を受けたとき 寄託保管証

(補則)

第7条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、教育委員会が別に定める。

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の高遠町立歴史博物館規則(平成8年高遠町教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

伊那市歴史博物館条例施行規則

平成18年3月31日 教育委員会規則第28号

(平成18年3月31日施行)