○伊那市学童クラブ条例

平成26年12月22日

条例第45号

(趣旨)

第1条 この条例は、保護者が労働等により昼間家庭にいない児童に対し、適切な遊び及び生活の場を与え、その健全育成を図ることを目的として、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第34条の8及び地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定により、伊那市学童クラブ(以下「学童クラブ」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 学童クラブの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

伊那小学童クラブ

伊那市山寺3255番地1

伊那東小学童クラブ

伊那市狐島4281番地

伊那北小学童クラブ

伊那市野底8365番地2

伊那西小学童クラブ

伊那市ますみヶ丘6949番地2

富県小学童クラブ

伊那市富県7312番地

新山小学童クラブ

伊那市富県523番地

美篶小学童クラブ

伊那市美篶4995番地13

手良小学童クラブ

伊那市手良野口222番地

東春近小学童クラブ

伊那市東春近2340番地2

西箕輪小学童クラブ

伊那市西箕輪6569番地1

西春近北小学童クラブ

伊那市西春近197番地1

西春近南小学童クラブ

伊那市西春近7401番地5

高遠小学童クラブ

伊那市高遠町西高遠532番地

高遠北小学童クラブ

伊那市高遠町長藤4410番地

長谷小学童クラブ

伊那市長谷溝口1188番地1

(児童の集団の規模)

第3条 各学童クラブにおける一の児童の集団の規模は、おおむね10人から40人までとする。

(開所時間)

第4条 学童クラブの開所時間は、小学校の下校時刻から午後6時までとする。ただし、小学校の授業の休業日にあっては、午前7時45分から午後6時までとする。

2 市長は、必要と認めるときは、前項に規定する開所時間を変更することができる。

(休所日)

第5条 学童クラブの休所日は、次に掲げるとおりとする。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 8月13日から8月16日までの日

(4) 12月29日から翌年1月3日までの日

2 市長は、必要と認めるときは、前項に規定する休所日を変更し、又は臨時に休所日を定めることができる。

(対象児童)

第6条 学童クラブを使用することができる者は、市内の小学校に就学している児童で、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 保護者が労働等により昼間家庭にいない児童

(2) その他市長が特に必要と認める児童

(使用許可)

第7条 学童クラブの使用を希望する児童の保護者は、当該児童ごとに市長の許可(以下「使用許可」という。)を受けなければならない。

2 市長は、使用許可をする場合において、学童クラブの管理運営上必要と認めるときは、その使用許可に条件を付することができる。

(使用許可の制限)

第8条 市長は、学童クラブの管理運営上支障があると認めるときは、使用許可をしない。

(使用許可の取消し等)

第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、その使用を停止し、又は使用許可を取り消すことができる。

(1) 第6条の規定に該当しなくなったとき。

(2) 第7条第2項の規定による使用許可の条件に違反したとき。

(3) 虚偽その他不正によって使用許可を受けたとき。

(4) 学童クラブの秩序を著しく乱すおそれがあるとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が学童クラブの管理運営上支障があると認めるとき。

(使用料)

第10条 学童クラブを使用する児童の保護者は、学童クラブ使用料(以下「使用料」という。)として、月額3,000円を納付しなければならない。ただし、同一世帯に2人以上の当該児童がいる場合は、2人目以降については、当該児童1人につき月額1,800円を納付しなければならない。

2 月の途中で入所し、休所し、又は退所した児童のその月分の使用料は、その月分の全額とする。

3 学童クラブを使用する児童の保護者は、小学校の授業の休業日に学童クラブを使用した場合の使用料として、第1項に定めるもののほか、学童クラブを使用する児童1人につき使用日1日当たり300円を納付しなければならない。

4 前3項に定めるもののほか、必要となる費用負担は、市長が別に定める。

5 第1項から第3項までに規定する使用料は、毎月末日までに納付しなければならない。

(使用料の減免)

第11条 市長は、必要と認めたときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の還付)

第12条 既に納付した使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の事由があると認めたときは、その全部又は一部を還付することができる。

(損害賠償等の義務)

第13条 学童クラブを使用する児童の保護者は、当該児童が学童クラブの施設及び備品を毀損し、又は汚損したときは、これを修理し、若しくは原状に復し、又は市長が定める損害額を賠償しなければならない。ただし、市長が当該児童及びその保護者の責めに帰することができないと認めるときは、この限りでない。

(委任)

第14条 この条例で定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、市長が規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 この条例の施行に関し必要な準備行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成29年12月26日条例第33号)

この条例は、平成30年2月5日から施行する。

附 則(平成31年3月25日条例第14号)

この条例は、平成31年4月1日から施行する。

附 則(令和元年7月9日条例第6号)

この条例は、令和元年7月25日から施行する。

伊那市学童クラブ条例

平成26年12月22日 条例第45号

(令和元年7月25日施行)