○伊那市敬老会事業補助金交付要綱

平成27年3月26日

告示第96号

(趣旨)

第1条 この告示は、高齢者の長寿を祝い、長年にわたる社会貢献に対して感謝するとともに、敬老思想の高揚を図るため、区及び区に準ずる地域自治団体(以下「区等」という。)が行う敬老会事業(以下「敬老会」という。)に対し、予算の範囲内で補助金を交付することに関し、伊那市補助金等交付規則(平成18年伊那市規則第35号。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象経費)

第2条 補助金の交付の対象となる経費は、市内に住所を有する75歳以上の者(当該年度の末日までに75歳に達する者を含む。以下同じ。)を含む高齢者を対象とした敬老会の開催に要する経費のうち、次に掲げるものとする。

(1) 会議費、事務費及び賄材料費並びにアトラクション等に要する経費

(2) その他市長が必要と認める経費

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、前条に規定する補助金の交付の対象となる経費の合計額又は区等に住所を有する75歳以上の者の数に300円を乗じて得た額のいずれか低い額とする。

(交付申請及び実績報告)

第4条 補助金の交付を受けようとする区等は、伊那市敬老会事業補助金交付申請書兼実績報告書(別記様式)に次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 補助金の交付の対象となる経費に係る領収書の写し

(2) 敬老会の開催が確認できる写真

(3) その他市長が必要と認める書類

(補助金の交付決定及び額の確定の通知)

第5条 市長は、前条の規定による申請及び報告があったときは、その内容を審査の上、補助金の交付の適否を決定し、及び額を確定し、申請者に通知するものとする。

(補助金の交付)

第6条 補助金の交付は、前条の規定により補助金の交付の決定及び額の確定をした後に行う。

(適用除外)

第7条 この告示の規定は、過疎地域集落整備事業(昭和52年度から昭和58年度までの間に伊那市高遠町芝平地区又は荊口地区において実施されたものに限る。)による集落移転の対象となった区域に住所又は居所を有する者については、適用しない。

(補則)

第8条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

(施行期日)

1 この告示は、平成27年4月1日から施行する。

(この告示の失効)

2 この告示は、令和8年3月31日限り、その効力を失う。

(平成29年3月27日告示第147号)

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

(令和2年3月31日告示第140号)

この告示は、令和2年4月1日から施行する。

(令和3年12月1日告示第278号)

この告示は、令和3年12月1日から施行する。

(令和5年3月31日告示第140号)

この告示は、令和5年3月31日から施行する。

画像

伊那市敬老会事業補助金交付要綱

平成27年3月26日 告示第96号

(令和5年3月31日施行)

体系情報
第9類 社会福祉・社会保険/第1章 社会福祉/第3節 高齢者・障害者福祉
沿革情報
平成27年3月26日 告示第96号
平成29年3月27日 告示第147号
令和2年3月31日 告示第140号
令和3年12月1日 告示第278号
令和5年3月31日 告示第140号