○猪名川町保育所の延長保育の実施に関する要綱

平成13年3月19日

要綱第27号

猪名川保育園延長保育事業実施要綱(平成8年要綱第2号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この要綱は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下「法」という。)第59条第2号に規定する時間外保育(以下「延長保育」という。)に対する需要に対応するため、保育所が自主的に取り組む延長保育の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(対象児童)

第2条 延長保育の対象児童は、法第27条第1項及び児童福祉法(昭和22年法律第164号)第24条第1項に規定する特定教育・保育施設及び保育所における保育により、保育所へ入所する児童であって、延長保育を実施する保育所に対して、利用の申込みをした児童とする。

(実施の日時)

第3条 猪名川町立保育所(以下「町立保育所」という。)の延長保育の実施日時は、猪名川町保育所条例施行規則(昭和49年規則第9号)第6条に定める休日以外の日の午後6時から午後7時までとする。

(実施の要件)

第4条 延長保育を実施するため、保育所の設置者は、次の要件を具備することとする。

(1) 担当保育士として2名以上の配置をすること。ただし、対象児童数によっては、その人数に応じて必要となる職員を追加配置すること。

(2) 対象児童に対し、適宜間食又は給食等を提供すること。

(3) 対象児童の受入れについては、保育需要に応じて弾力的に対応すること。

(利用の申込)

第5条 町立保育所の延長保育を利用しようとする児童又は児童の保護者(以下「利用者」という。)は、あらかじめ延長保育利用申込書(様式第1号)に、必要書類を添えて提出するものとする。

2 町長は、前項の申込書を受理したときは、速やかに延長保育の適否を決定し、延長保育利用承諾書(様式第2号)により、利用者に通知するものとする。

(利用の休止)

第6条 町立保育所の延長保育の利用を休止しようとする利用者は、速やかに延長保育利用休止届(様式第3号)を町長に提出するものとする。

2 町長は、前項に定めるもののほか、次の各号の一に該当するときは、延長保育の利用者に対する承諾を解除することができる。

(1) 第2条の規定に該当しなくなったとき。

(2) その他町長が延長保育の利用承諾を解除する事由があると認めたとき。

3 町長は、第2項の規定に基づき、延長保育の利用承諾を解除するときは、延長保育利用承諾解除通知書(様式第4号)により、利用者に通知するものとする。

(費用の徴収)

第7条 町長は、第5条第1項に規定する町立保育所の延長保育の利用者から、延長保育料として児童1人につき月額3,000円を徴収するものとする。ただし、猪名川町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担等に関する規則(平成30年規則第48号。以下「利用者負担規則」という。)の別表第1の第1階層の世帯及び第2階層に区分される世帯で同表の備考の3の適用を受ける世帯に属する児童については、この限りでない。

2 町長は、第5条第1項の規定によらない延長保育の利用者から、延長保育料として延長児童1人につき1日あたり600円を徴収するものとする。ただし、徴収すべき延長保育料は、月額3,000円を限度とし、利用月の翌月末までの納付期限とする。

3 前2項に定める費用の徴収に当たっては、利用者負担規則の規定を準用するものとする。

(細則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、延長保育の実施に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

この要綱は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月26日要綱第6号)

この要綱は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年2月14日要綱第3号)

(施行期日)

1 この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱による改正後の猪名川町保育所の延長保育の実施に関する要綱第7条第2項の規定は、この要綱の施行の日以後の延長保育料について適用し、同日前の延長保育料については、なお従前の例による。

附 則(平成30年8月31日要綱第55号)

この要綱は、平成30年9月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

猪名川町保育所の延長保育の実施に関する要綱

平成13年3月19日 要綱第27号

(平成30年9月1日施行)