○猪名川町老人クラブ等社会活動促進事業補助金交付要綱

平成5年3月31日

要綱第11号

(目的)

第1条 この要綱は、老人クラブ及び猪名川町老人クラブ連合会が老人の知識及び経験を生かし、生きがいと健康づくりのための多様な社会活動が行われ、老後の生活を豊かなものにするとともに明るい長寿社会に資するため、補助金の交付等に関して必要な事項を定める。

(補助金の交付対象)

第2条 この補助金の交付の対象となる事業(以下「事業」という。)とは、次の各号に掲げるものとする。

(1) 老人クラブ助成事業

別紙1に定める「猪名川町老人クラブ運営要領」に基づいて活動を行う老人クラブに対する助成事業とする。

(2) 老人クラブ県民運動推進事業

別紙2に定める「猪名川町老人クラブ県民運動推進事業活動運営要領」に基づいて活動を行う老人クラブに対する助成事業とする。

(3) 老人クラブ連合会活動促進事業

別紙3に定める「猪名川町老人クラブ連合会運営要領」に基づいて活動を行う老人クラブ連合会に対する助成事業とする。

(補助金の交付額)

第3条 町長は、予算の範囲内において、この要綱に基づき、事業に要する経費の一部を補助するものとする。

2 補助金の交付額は、老人クラブ等が行う当該事業に要する経費について、別表第1の第2欄に定める基準額と第3欄に定める対象経費の実支出額とを比較して少ない方の額を選定することにより算出した経費とする。

(補助金の交付申請)

第4条 前条の補助金の交付を受けようとする者(以下「補助事業者」という。)は、補助金交付申請書及び次の各号に掲げる書類を添えて、町長にその指定する期日までに提出しなければならない。

(1) 事業計画書

(2) 収支予算書

(3) 会員名簿

(補助金の交付決定)

第5条 町長は、前条の申請に係る書類の審査により、当該申請に係る補助金を交付すべきものと認めたときは、補助金の交付の決定(以下「交付決定」という。)をする。

2 町長は、交付決定をする場合において、当該補助金の交付の目的を達成するために必要があるときは、条件を付し、又は指示することができる。

3 町長は、交付決定の内容及びこれに付した条件又は指示を、補助金交付決定通知書により当該補助金の交付の申請をした者に通知するものとする。

(実績報告)

第6条 補助事業者は、当該年度の事業が完了後、30日以内に補助事業実績報告書に次の各号に掲げる書類を添えて町長に提出しなければならない。

(1) 事業実績調書

(2) 収支決算書

(額の確定)

第7条 町長は、補助事業に係る前条の実績報告があった場合において、当該報告に係る書類の審査及び必要に応じて行う現地調査等により、当該事業の成果が交付決定の内容及びこれに付した条件又は指示に適合すると認めるときは、交付すべき額を確定し、補助金額確定通知書により当該補助事業者に通知するものとする。

(補助金の請求)

第8条 町長は、前条の額の確定を行ったのち、補助事業者から提出される補助金交付請求書により補助金を交付する。

2 町長は、必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず概算払いすることができる。

(交付決定の取消)

第9条 町長は、補助事業者が次の各号の一に該当すると認めるときは、当該交付決定の全部又は一部を取り消すことができる。

(1) この要綱の規定に違反したとき。

(2) 補助金を補助事業以外の用途に使用したとき。

(3) 交付決定の内容又はこれに付した条件若しくは指示に違反したとき。

(4) 偽りその他不正な手段により補助金の交付を受けたとき。

2 町長は、前項の取り消しの決定を行った場合には、その旨を補助金交付決定取消通知書により当該事業者に通知するものとする。

(補助金の返還)

第10条 町長は、前条第1項の取り消しの決定を行った場合において、当該取り消しに係る部分に関し、既に補助金が交付されているときは、その返還を命ずることができる。

2 町長は、第7条の確定を行った場合において、既にその額を越える補助金が交付されているときは、その返還を命ずることができる。

(届出義務)

第11条 新たに老人クラブを組織して第2条の事業を行う場合は、速やかに町長に結成届を提出しなければならない。

2 現在補助金を受けている老人クラブ及び老人クラブ連合会が次の各号の一に該当したときは、その代表者は速やかに町長に届け出なければならない。

(1) 代表が変更になったとき

(2) 解散したとき

(指導及び監査)

第12条 町長は老人クラブ等の運営について適切な指導を行うとともに、必要があると認めたときは、補助金の使途について監査することができる。

(雑則)

第13条 この要綱に定めのない事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成5年4月1日から適用する。

附 則(平成10年10月8日要綱第16号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成10年4月1日から適用する。

附 則(平成11年8月4日要綱第26号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成11年4月1日から適用する。

別紙1(第2条関係)

猪名川町老人クラブ運営要領

1 目的

老人クラブは、老人の知識及び経験を生かし、生きがいと健康づくりのための多様な社会活動を通じ、老後の生活を豊かなものとするとともに明るい長寿社会づくりに資することを目的とする。

2 組織

(1) 会員の年齢は、おおむね60歳以上とする。ただし、老後の社会活動が円滑な展開に資するため、60歳未満の会員の加入を妨げないものとする。

(2) 会員は、クラブ活動が円滑に行える程度の同一小地域内に居住する者とする。ただし、当該小地域を越える区域における活動形態別の組織化を妨げないものとする。

(3) 会員の互選による代表者1人を置くとともに、必要に応じて役員を置くことができるものとする。

3 運営

(1) 老人クラブの運営は、会員により自主的に行われるものとする。

(2) 会員はクラブ活動費に充てるため、定期的に会費を納入するものとする。

4 活動

(1) 老人クラブは、ボランティア活動、生きがいを高めるための各種活動、健康づくりに係る各種活動その他の社会活動を総合的に実施するものとする。

(2) 老人クラブの活動は、年間を通じ恒常的かつ計画的に行うものとし、相当数の会員が常時参加するものとする。

5 経理

老人クラブは、クラブ活動に係る収入及び支出の状況を常に明確にしておくとともに、関係帳簿及び証拠書類を事業完了後5年間保管しておかなければならない。

別紙2(第2条関係)

猪名川町老人クラブ県民運動推進事業活動運営要領

1 目的

老人クラブがその活動を通じて、杜会奉仕活動等の取組みを強化することにより、こころ豊かな兵庫をめざす県民運動の推進に資することを目的とする。

2 内容

別紙1「猪名川町老人クラブ運営要領」により活動する老人クラブの活動の一環として、次の県民運動への取組みを推進する。

ア 「こころ豊かな人づくり」

児童、青年等他世代との文化伝承活動や健康づくり活動を通じての交流事業その他青少年の発展に寄与する活動

イ 「すこやかな社会づくり」

ひとり暮らし老人やねたきり老人を助ける活動や施設入所者を励ます活動やねたきりにならないための健康活動、その他豊かで活力ある長寿社会づくりに寄与する活動

ウ 「さわやかな県土づくり」

公園神社等の草刈り清掃や道路河川等への植樹、その他うるおいとやすらぎの生活づくりに寄与する活動

別紙3(第2条関係)

猪名川町老人クラブ連合会運営要領

1 目的

猪名川町老人クラブ連合会(以下「町老連」という。)は、老人の社会活動を促進するため、老人クラブに対する指導事業及び老人の幅広い社会活動を促進するための諸事業を行うことを目的とする。

2 組織

(1) 町老連は、猪名川町を対象地域とし、老人クラブによって組織するものとする。

(2) 町老連には、代表者として会長及びこれを補佐する副会長その他必要な役員を置くものとする。なお、役員の選考に当たっては、年齢、男女別を問わず、適任者の選任に努めなければならない。

(3) 町老連には、(2)の役員のほかに、適任者による活動別リーダーを置くものとする。

(4) 町老連の事務局は、自主的に設置運営するように努めるものとする。

(5) 町老連は、目的を達成するために必要に応じて、委員会等を設置するものとする。

3 運営

(1) 町老連の運営は、老人クラブの意向を反映し、自主的に行わなければならない。

(2) 町老連は、事業の適正かつ円滑な実施を図るため、会則を設けるものとする。

(3) 町老連は、原則として、老人クラブからの会費をもって運営するものとする。

4 活動

町老連は、老人クラブ及び兵庫県老人クラブ連合会等と連携し、次に掲げる事業を町を単位とした広域的な事業として展開するものとする。

(1) 老人クラブの役員及び活動別リーダーの研修を実施し、資質の向上を図ること。

(2) 老人クラブの実情やニーズを把握するとともに、新規の活動の開拓、活動の場の確保及び活動別の組織化を図ること。

(3) 町老連は、老人クラブの参加によって、行事、催物を開催し、老人クラブの連携と意識の向上及び地域の高齢者との交流を通した仲間づくりの促進並びに他世代との交流を図ること。

(4) 外部からの指導者・協力者の受け入れを行い、老人クラブの活動の充実を図ること。

(5) 老人クラブの発展、老人の社会的地位の向上等を図るために調査、研究を行うとともに老人及び老人クラブ活動に対する地域杜会の理解を深めるため啓発広報等多様な活動を行うこと。

(6) 町老連は、事業の実施に当たっては、兵庫県老人クラブ連合会の活動推進員及びその他の指導者との連携の下に事業を実施すること。

(7) 兵庫県老人クラブ連合会、他の市町老連、市町等関係機関(団体)との連携を図ること。

5 経理

町老連は、収入及び支出の状況を常に明確にしておくとともに関係帳簿及び証拠書類を事業完了後5年間保管しておかなければならない。

別表第1(第3条関係)

1 対象事業名

2 補助基準額

3 対象経費

老人クラブ助成事業

・会員数10人以下のクラブ 年10,000円

・会員数11人以上のクラブ 会員数×1,000円で計算した額

ただし、活動延月数が12に満たない場合は月割とする。

賃金、謝金、旅費、需用費、役務費、備品購入費、使用料及び賃借料

老人クラブ県民運動推進事業

・会員数50人以上のクラブ 年60,000円

・会員数31~49人のクラブ 年30,000円

・会員数16~30人のクラブ 年20,000円

・会員数15人以下のクラブ 年10,000円

ただし、活動延月数が12に満たない場合は月割とする。

老人クラブ連合会活動促進事業

(1)均等割 216,000円

(2)80円×老人クラブ連合会加入老人クラブの会員数

(3)町長が、老人クラブ連合会に特別に認める事業及びその額

上記(1)(3)までの合計額

注 表中の会員数は、当該年度4月1日現在の人数を適用する。

猪名川町老人クラブ等社会活動促進事業補助金交付要綱

平成5年3月31日 要綱第11号

(平成11年8月4日施行)