○猪名川町火葬場条例施行規則

昭和54年3月26日

規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、猪名川町火葬場条例(昭和54年条例第9号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(使用許可申請)

第2条 条例第3条により、猪名川町火葬場(以下「火葬場」という。)の使用許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、猪名川町火葬場使用申請書(様式第1号)次の各号に掲げる書類を添えて使用日の前日までに町長に提出しなければならない。ただし、通夜、葬儀・告別式(以下「告別式」という。)又はこれに類する目的でホール及び和室(以下「ホール等」という。)を使用する場合は、使用開始時間の30分前までに使用許可申請を行わなければならないものとする。

(1) 死体又は死産児の場合 墓地、埋葬等に関する法律(昭和23年法律第48号)第8条の火葬許可証

(2) 切断四肢等手術肢体の場合 当該事実に関する医師の証明書

(許可書の交付)

第3条 町長は、火葬場の使用を許可したときは、猪名川町火葬場使用許可書(様式第2号。以下「許可書」という。)を申請者に対し、交付するものとする。

2 町の住民以外から使用許可申請があったときは、町長は、支障がないと認めた場合に限り使用を許可することができるものとする。

(火葬の指示)

第4条 前条で規定する火葬場の使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、火葬場を管理する係員に許可書を提出し、係員の指示に従わなければならない。

(使用料の免除等)

第5条 条例第6条第2項の規定により、使用料の全部又は一部の免除(以下「減免」という。)を受けようとする使用者は、猪名川町火葬場使用料減免申請書(様式第3号)に減免の理由を証明する書類を添え、町長に提出しなければならない。

2 減免の範囲は次のとおりとする。

(1) 使用者が町内に住所を有し、かつ、生活保護法(昭和25年法律第144号)の適用を受けている場合又は死亡者が死亡当時において町内に住所を有し、かつ、同法の適用を受けていた場合 全額

(2) 行旅死亡人のために使用する場合 全額

(3) その他町長が必要と認める場合 町長が必要と認める額

(使用時間)

第6条 火葬場を使用できる時間は、次の各号に定めるとおりとする。ただし、町長が特別の事情があると認めるときは、この限りでない。

(1) 死体、胞衣、医療汚物を焼却の目的で使用する場合は、午前9時から午後5時までとする。ただし、遺骨の収拾を目的とする場合においては、午後8時まで使用することができる。

(2) 通夜、告別式又はこれに類する目的でホール等を使用する場合は、午前9時から翌日午前9時までの間で必要な時間とする。ただし、通夜から引き続き、告別式を行う場合は、当該告別式の開始時間までは、通夜1回分の時間とみなすものとする。

(3) 前号で規定する使用開始時間は、使用日の前日までに使用申請があった場合は、午前9時から午後5時までの時間とし、使用日の当日に使用申請があった場合は、午前10時から午後5時までの時間とする。

(4) 霊きゅう車の使用は午前9時から午後5時までとする。

(霊きゅう車の使用)

第7条 霊きゅう車の使用ができる者は、条例で定める町内に居住する者とし、使用にあたっては、納棺した状態にある死体の火葬を目的として、火葬場まで搬送する場合のみとする。

2 前項で規定する霊きゅう車が迎えに行くことができる場所は、町内にある使用者若しくは死亡者の自宅、又はそれらの者が使用する町内の告別式の会場までとする。

3 霊きゅう車の使用を希望する場合は、第2条に規定する使用許可申請を行う際に申出しなければならないものとする。

4 前項の申出があつたときは、霊きゅう車の使用を認めるものとする。ただし、霊きゅう車の運用に支障がある場合は、この限りでない。

(霊安室の使用制限)

第8条 霊安室は、行旅病人及び行旅死亡人取扱法(明治32年法律第93号)に規定する行旅死亡人のために使用するものとする。ただし、天災その他町長が特別の事情があると認めるときは、この限りでない。

(遺体の搬入等)

第9条 火葬場への遺体の搬入は、納棺した状態でしなければならないものとする。

2 ホール等に遺体を搬入した場合には、使用時間中の遺体の管理は使用者等の関係者で行わなければならないものとする。

(休業)

第10条 火葬場の休業は、1月1日とする。ただし、町長が必要と認めるときは、この限りでない。

(遺骨の収拾)

第11条 使用者は、使用当日の指定する時間に遺骨を収拾するものとする。ただし、町長は火葬場の都合によって、翌日に収拾を指定することができるものとする。

2 前項の日時に収拾しないときは、町長は、必要な措置を行うことができるものとする。

(火葬の順序)

第12条 火葬は、ひつぎの到着順序によって行うものとする。ただし、町長が第一類感染症等、その他、特に必要があると認めたときは、その順序を変更することができるものとする。

(指定管理者による管理)

第13条 条例第7条第1項の規定により火葬場の管理を指定管理者に行わせる場合は、第6条第8条及び第11条中「町長」とあるのは「指定管理者」に読み替えるものとする。

(補則)

第14条 条例及びこの規則に定めるもののほか、火葬場運営に関し、特に必要がある場合には、町長は指定管理者と協議したうえで、別に定めるものとする。

附 則

この規則は、昭和54年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年3月15日規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成7年3月31日規則第5号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成7年12月26日規則第19号)

この規則は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成13年1月26日規則第10号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成15年3月31日規則第5号)

この規則は、平成15年5月1日から施行する。

附 則(平成18年3月28日規則第22号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年3月26日規則第2号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月8日規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、平成25年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の猪名川町火葬場条例施行規則の規定は、施行日以降に申請されたものから適用し、施行日前に申請されたものについては、なお、従前の例による。

附 則(平成27年3月31日規則第4号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

猪名川町火葬場条例施行規則

昭和54年3月26日 規則第3号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第8類 生/第2章 保健衛生
沿革情報
昭和54年3月26日 規則第3号
昭和57年3月15日 規則第4号
平成7年3月31日 規則第5号
平成7年12月26日 規則第19号
平成13年1月26日 規則第10号
平成15年3月31日 規則第5号
平成18年3月28日 規則第22号
平成21年3月26日 規則第2号
平成25年3月8日 規則第1号
平成27年3月31日 規則第4号