○猪名川町介護予防デイサービス・ショートステイ条例

平成12年3月28日

条例第7号

(目的)

第1条 この条例は、介護保険法(平成9年法律第123号)に規定する通所介護または短期入所生活介護等のサービスが適用されない在宅の高齢者や障害者を対象として、通所または短期入所等の各種福祉サービスを提供することにより、これらの者の心身機能の維持向上等を図るとともに、その介護予防等に寄与することを目的とする。

(実施事業)

第2条 この条例で実施する事業(以下「実施事業」という。)は、次の各号で規定する事業とする。

(1) デイサービス事業 猪名川町総合福祉センター及び町が指定する特別養護老人ホーム(以下「実施施設」という。)において、別に定める通所事業または訪問入浴事業をいう。

(2) ショートステイ事業 実施施設において、別に定める事業をいう。

(対象者)

第3条 実施事業を利用できる対象者は、町内に住所を有する者で次の各号の一に該当する者とする。

(1) 介護保険法による要介護認定または要支援認定(以下「介護認定」という。)を申請し認定されなかった65歳以上の高齢者であって、実施事業の利用が適当であると町長が認めた者

(2) 介護認定が受けられない身体障害者及び知的障害者であって、実施施設における実施事業の利用が可能な者と町長が認めた者

(3) やむを得ない事由により介護認定が受けられない65歳以上の援護を必要とする高齢者であって、実施事業の利用が必要であると町長が認めた者

(利用の決定)

第4条 実施事業の利用は、実施事業を利用しようとする者の申請に基づいて、町長が決定する。ただし、前条第3号に該当する者は、その申請を待たずに行うことができる。

2 町長は、前項の決定をする場合において、条件を付することができる。

(利用料等)

第5条 前条で規定する利用の決定を受けた者(以下「利用者」という。)は、実施事業の区分により、次の各号に規定する利用料を指定期日までに納付しなければならない。

(1) デイサービス事業の通所事業は、1回当たり600円とする。

(2) デイサービス事業の訪問入浴事業は、1回当たり1,400円とする。

(3) ショートステイ事業は、1日当たり1,000円とし、利用日数を乗じた額とする。

2 利用者は、第1項に規定する利用料のほかに、第3条に規定する対象者が実施施設において利用した食事代等の実費を負担するものとする。

(利用料の免除)

第6条 町長は、前条第1項で規定する利用料を規則の定めるところにより免除することができる。

(利用料の還付)

第7条 既納の利用料は、還付しないものとする。ただし、町長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(利用決定の取消し等)

第8条 町長は、次の各号の一に該当するときは、利用の決定を取消し、または利用を停止することができる。

(1) 利用者がこの条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 利用者が偽りその他不正な行為により、利用の決定を受けたとき。

(3) 対象者が第3条に規定する対象者の要件を喪失したとき。

(4) 利用者が利用料を滞納したとき。

(5) その他町長が特に必要と認めるとき。

(委任)

第9条 この条例の施行に必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成12年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(猪名川町老人ショートステイ事業実施要綱等の廃止)

2 次に掲げる要綱は、廃止する。

(1) 猪名川町老人ショートステイ事業実施要綱(昭和61年要綱第11号)

(2) 猪名川町老人デイサービス運営事業実施要綱(平成4年要綱第2号)

(3) 猪名川町老人ナイトケア事業実施要綱(平成4年要綱第4号)

(4) 猪名川町老人ホームケア促進事業実施要綱(平成4年要綱第5号)

(5) 猪名川町移動入浴サービス事業実施要綱(平成5年要綱第6号)

(廃止に伴う経過措置)

3 この条例の施行日の前日までに、廃止前の前項に掲げる要綱の規定に基づいて利用した対象者については、なお、従前の例による。

附 則(平成15年12月22日条例第23号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成16年4月1日から施行する。

猪名川町介護予防デイサービス・ショートステイ条例

平成12年3月28日 条例第7号

(平成16年4月1日施行)