○猪名川町環境の保全と創造に関する条例施行規則

平成12年3月30日

規則第14号

(組織)

第2条 条例第18条第1項に規定する猪名川町環境審議会(以下「審議会」という。)は、次に掲げる者のうちから町長が委嘱する。

(1) 学識経験者

(2) 住民が組織する団体の代表者

(3) 関係行政機関の職員

(4) 前各号に掲げるもののほか、特に町長が必要と認める者

2 審議会は、委員10人以内をもって組織する。

(委員の任期)

第3条 審議会の委員の任期は、2年とする。ただし、委員が欠けた場合の補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 前項の委員の再任は、これを妨げない。

(会長及び副会長)

第4条 審議会に会長及び副会長を置き、委員の互選によりこれを定める。

2 会長は、審議会を代表し、議事その他の会務を総理する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代行する。

(会議)

第5条 審議会の会議は、必要に応じて会長が招集し、その会議の議長となる。

2 審議会は、委員の過半数以上の出席がなければ、会議を開くことができない。

3 審議会は、その所掌事務を遂行するため、町の職員又は関係者に対し出席を求め、説明又は意見を聞くことができる。

4 審議会の会議の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(庶務)

第6条 審議会の庶務は、地域振興部産業観光課において処理する。

(指導等)

第7条 条例第39条に規定する指導等が必要であると認めるときとは、社会通念上適切な範囲を著しく逸脱し、人の生命又は身体の安全に危害を及ぼす場合や災害を誘発する場合、周囲の生活環境や衛生状況を著しく害する場合等のことをいう。

(身分証明書)

第8条 条例第40条第2項に規定する立入調査の職員の身分を示す証明書は、立入調査員証(様式第1号)とする。

(勧告書)

第9条 条例第41条第1項に規定する勧告は、勧告書(様式第2号)により行うものとする。

(意見を述べる機会の付与)

第10条 条例第41条第2項に規定する意見を述べる機会の付与については、猪名川町行政手続条例(平成9年町条例第17号。以下「手続条例」という。)第26条、第27条及び第28条の規定を準用する。この場合において、手続条例第26条、第27条及び第28条中「行政庁」とあるのは、「町長」と、手続条例第26条、同条において準用する第24条第1項及び第3項並びに第28条中「不利益処分」とあるのは「公表」と、手続条例第27条及び第28条中「弁明」とあるのは「意見」と読み替えるものとする。

(公表)

第11条 条例第41条第2項に規定する公表は、猪名川町公告式条例(昭和30年条例第3号)の定める方法により、次に掲げる事項を公表するものとする。

(1) 条例第41条第2項に規定する勧告に従わなかった者の住所及び氏名(事業者にあっては、その所在地、名称及び代表者の氏名)

(2) 勧告の内容及び勧告の理由

(その他)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年9月25日規則第36号)

この規則は、平成12年10月1日から施行する。

附 則(平成14年3月29日規則第10号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月29日規則第7号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月25日規則第4号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日規則第10号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

猪名川町環境の保全と創造に関する条例施行規則

平成12年3月30日 規則第14号

(平成27年4月1日施行)