○猪名川町企業職員被服貸与規程

昭和47年4月1日

水道事業管理規程第7号

(目的)

第1条 この規程は、企業職員で常時勤務を要するもの(以下「職員」という。)の労務の安全と業務の能率を図るため、作業服の貸与に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(被服の品目等)

第2条 貸与する被服の被貸与者、品目、員数及び貸与期間、着用期間は別表のとおりとする。

(現品貸与)

第3条 貸与被服は、現品をもつて貸与する。

(貸与品の返納)

第4条 被貸与者が、その貸与期間中に退職又は転職等により貸与を受ける資格を喪失したときは、すみやかに課長に返納しなければならない。

(貸与品の交付)

第5条 貸与品の貸与期間が満了したときは、その職員に交付する。

(貸与品の弁償等)

第6条 貸与期間中において貸与品を亡失、き損したときは、直ちにその旨を課長に届け出しなければならない。

2 前項の場合、その原因が故意又は過失によるときは、その実費を弁償しなければならない。

3 第1項の届出があつた場合において必要とみとめたときは再貸与することができる。

(着用等の義務)

第7条 被貸与者は作業中貸与を受けた被服を着用し、常に適切な注意をもつて使用、又は保管しなければならない。

(委任)

第8条 この規程について必要な事項は課長が定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

別表

品目

数量

貸与期間

着用期間

貸与を受ける者

作業服

2着

24ヶ月

自1月1日

至12月31日

企業職員

雨カッパ

1着

24ヶ月

自1月1日

至12月31日

企業職員

猪名川町企業職員被服貸与規程

昭和47年4月1日 水道事業管理規程第7号

(昭和47年4月1日施行)

体系情報
第10類の2 公営企業/第1章 水道事業
沿革情報
昭和47年4月1日 水道事業管理規程第7号