○猪名川町公営企業公印規程

平成16年3月30日

水道事業管理規程第4号

(趣旨)

第1条 猪名川町公営企業において使用する公印については、この規程の定めるところによる。

(公印の定義及び名称)

第2条 公印は、地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第7条の管理者の権限を行う町長(以下「管理者」という。)名その他の職印をもって発する文書に押印する印章とし、その名称、公印番号、ひな型、使用区分は、まちづくり部長(以下「部長」という。)が別に定める。

(公印の保管、使用)

第3条 公印の保管及び使用は、部長がその責に任ずる。

2 部長は、まちづくり部上下水道課に所属する主幹職以上の職にある者の内から公印取扱者及び保管者(以下「保管者」という。)を定め、公印の保管、使用その他関係事務を処理させることができる。

3 公印を使用するときは、保管者に決裁文書を呈示し、その面前で押印しなければならない。

4 公印の押印を省略する文書の範囲については、文書取扱規程(平成14年規程第14号)の定めるところによる。

5 公印は全て、保管箱に納め、執務時間外は保管者が責任をもって鍵のかかる場所に保管しなければならない。

(公印の新調、改刻又は廃棄)

第4条 公印を新調し、又は改刻しようとするときは、公印新調(改刻)承認申請書(様式第1号)を管理者に提出し、その承認を受けなければならない。

2 保管者は、公印を廃止しようとするときは、管理者にその旨通知するとともに不用となった公印を部長に引き継がなければならない。

3 公印を新調、改刻又は廃止したときは、印影を付して告示するものとする。

(公印台帳)

第5条 部長は、公印台帳(様式第2号)を備え、全ての公印を登録しておかなければならない。

(公印の事故)

第6条 保管者は、公印に盗難、紛失、偽造、変造等の事故があった場合は、直ちに部長に報告し、公印事故届(様式第3号)を管理者に届出なければならない。

(公印の廃棄)

第7条 廃止された公印は、廃止された日から起算して、部長が5年間保存しなければならない。

2 前項の保存期限を経過した公印は、裁断、焼印の方法により廃棄しなければならない。

(公印印影の刷込み)

第8条 公印は特に必要があると認めるときは、証票等にその印影を同時に印刷をして公印の押印にかえることができる。

2 前項の場合において、縮小して印刷することができる。

3 前2項の場合においては、刷込みのつど管理者に公印印影印刷承認申請書(様式第4号)を提出して承認を受けなければならない。この場合において、印刷に使用した印影の原版は、公印に準じ第4条第3項の規定を適用する。

(その他の事項)

第9条 この規程に定めるもののほか、必要ある事項については、猪名川町公印規程(昭和49年規程第7号)の規定を準用する。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月23日水管規程第2号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年4月1日水管規程第1号抄)

(施行期日)

1 この規程は、平成21年4月1日から施行する。

(経過措置)

3 この規程の施行の際第7条による改正前の猪名川町水道事業公印規程の規定により現に使用されている公印は、当分の間、この規程による改正後の猪名川町公営企業公印規程の規定により定められた公印とみなし、なお、その効力を有するものとする。

附 則(平成23年3月25日公企管規程第1号)

この規程は、平成23年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

猪名川町公営企業公印規程

平成16年3月30日 水道事業管理規程第4号

(平成23年4月1日施行)