○猪名川町超低床ノンステップバス購入補助金交付要綱

平成17年4月1日

要綱第16号

(目的)

第1条 この要綱は、猪名川町内バス路線への超低床ノンステップバスの導入を促進することにより、高齢者、障害者等のバス利用を容易にし、もって福祉のまちづくりを推進することを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において「事業者」とは、道路運送法(昭和26年法律第183号)第3条第1項イに定める一般乗合旅客自動車運送事業者であって、国土交通大臣の一般乗合旅客自動車運送事業の許可をもって運送事業を経営する者をいう。

(補助事業)

第3条 猪名川町超低床ノンステップバス購入補助金(以下「補助金」という。)の交付の対象となる事業(以下「補助事業」という。)は、事業者が猪名川町(以下「町」という。)の区域内にあるバス路線の用に供するための超低床ノンステップバスであって、次に掲げる要件を満たすものとする。

(1) 車いす使用者等が一般利用者と共用できる車両であること。

(2) 車いすに乗車したまま運行できる区画を車両内に設けたものであること。

(3) 車いす使用者等が単独で乗降できる設備を備えた車両で、車いすに乗車したまま乗降できる車両であること。

(4) 事業者が超低床ノンステップバスを購入し、管理すること。

(5) 超低床ノンステップバス購入に当たり事業者は、当該車両について国の補助が受けられること。

2 補助事業の実施に要する経費に係る消費税相当分については、補助対象としないものとする。

3 町の区域を越えて運行するバス路線の補助金の交付については、別に定める。

(補助金の額等)

第4条 補助金の額は、次に定める方法で算定した額のいずれか少ない方の額(1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てた額とする。)で、町長が予算の範囲内で決定する。

(1) 補助金の額は、事業者が超低床ノンステップバス購入費から消費税相当額を控除した補助対象額の10分の1(補助年度の前年度の乗合旅客輸送部門で経常損失を生じている事業者の申請に係る場合にあっては、8分の1)以内の額

(2) 超低床ノンステップバス購入の実支出額から消費税相当額を控除した額(2,500万円を限度とする。)と兵庫県の公共交通バリアフリー化促進事業で定めたワンステップバス車両価格との差額に4分の1を乗じた額

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする事業者は、超低床ノンステップバス購入補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添付して、町長に提出しなければならない。

(1) 事業計画書

(2) 車両購入費見積書の写し

(3) 車両の仕様書並びに図面(乗降口の状況及び車椅子固定席を明示すること。)

(4) 路線図及び運行計画

(5) 補助年度の前年度の乗合旅客輸送部門で経常損失を生じている事業者については、経常損失がわかる損益計算書等の書類

(6) その他町長が必要があると認める書類

(補助金の交付決定)

第6条 町長は、超低床ノンステップバス購入補助金交付申請書の提出があったときは、その内容を審査のうえ、補助金の交付の可否を決定し、超低床ノンステップバス購入補助金交付決定通知書(様式第2号)により、補助金の交付の申請をした事業者に通知するものとする。

(補助金の変更申請等)

第7条 前条の規定により補助金の交付の決定を受けた者(以下「補助事業者」という。)は、補助事業の内容を変更しようとするときは、超低床ノンステップバス購入補助金交付決定変更申請書(様式第3号)に町長が必要があると認める書類を添付して町長に提出し、事前に承認を受けなければならない。

2 町長は、前項の規定により超低床ノンステップバス購入補助金交付決定変更申請書の提出があったときは、その内容を審査のうえ、当該変更の承認の可否を決定し、超低床ノンステップバス購入補助金交付決定変更通知書(様式第4号)により補助事業者に通知するものとする。

(完了届)

第8条 補助事業者は、補助事業が完了したときは、速やかに超低床ノンステップバス購入完了届(様式第5号)に次に掲げる書類を添付して、町長に提出しなければならない。

(1) 事業実績一覧表

(2) 支払い領収書の写し

(3) 車両納入書の写し

(4) 自動車検査証又はこれに類する書類の写し

(5) 車両購入費清算書及びその内訳書

(6) 車両の仕様書及び写真

(7) その他町長が必要があると認める書類

(完了検査等)

第9条 町長は、超低床ノンステップバス購入完了届の提出があったときは、補助事業について完了検査を行い、補助金の額を確定し、その結果を超低床ノンステップバス購入完了検査済及び補助金確定通知書(様式第6号)により補助事業者に通知するものとする。

(補助金の請求)

第10条 補助事業者は、超低床ノンステップバス購入完了検査済及び補助金確定通知書の交付を受けたときは、超低床ノンステップバス購入補助金交付請求書(様式第7号)を町長に提出し、補助金を請求するものとする。

(補助金の交付決定の取消し及び返還)

第11条 町長は、補助事業者が次の各号の一に該当するときは、補助金の交付の決定の全部又は一部を取り消すことができる。

(1) 虚偽の申請その他不正な行為により補助金の交付の決定を受けたとき。

(2) 補助事業に着手せず、又は補助事業を休止し、若しくは廃止したとき。

(3) その他この要綱又はこの要綱に基づく指示に違反したとき。

2 町長は、前項の規定により補助金の交付の決定の全部又は一部を取り消した場合において、当該取消しに係る補助金が既に交付されているときは、その補助金の返還を命じるものとする。

(補助事業者の責務)

第12条 補助事業者は、補助を受けて購入した超低床ノンステップバスの適切な維持及び管理に努めるとともに、運行、管理方法等について町長が協議を求めたときは、これに応じなければならない。また、配車する場合は、速やかに町長に届け出なければならない。

(施行の細目)

第13条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、別に町長が定める。

附 則

この要綱は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成23年8月25日要綱第43号)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年9月30日要綱第42号)

この要綱は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

猪名川町超低床ノンステップバス購入補助金交付要綱

平成17年4月1日 要綱第16号

(平成26年9月30日施行)