○猪名川町広告入り窓口用封筒の寄附の取扱いに関する要領

平成21年1月21日

要領第4号

(趣旨)

第1条 この要領は、本町に来庁した住民等が本庁舎等の窓口で交付された証明書等を入れるために使用する封筒について、広告入り窓口封筒(以下「広告入り封筒」という。)の寄附の申し出があった場合の取扱いについて、必要な事項を定めるものとする。

(寄附の申出)

第2条 広告入り封筒を町の窓口用封筒として寄附しようとする者(以下「寄附者」という。)は、寄附しようとする窓口用封筒のデザイン、形状、広告内容等の仕様及び寄附数量等がわかるものを添えて、住民保険課に申し出るものとする。

(寄附者の記載内容)

第3条 寄附者が広告主を募集する場合には、本町が寄附を募集しているかのような誤解を与えてはならない。

2 寄附者が募集する広告内容は、次の各号のいずれにも該当していないものとする。

(1) 広告の趣旨から逸脱し、いたずらに享楽的な面を強調するもの

(2) 風紀上好ましくないと思われる表現のあるもの

(3) 風紀上好ましくないと思われる施設の営業又は従業員募集広告

(4) 救縁、男女交際等を目的としたもので、利用者に迷惑をかける恐れがあるもの

(5) 脅迫、暴力その他犯罪行為を示唆又は誘発する恐れのあるもの

(6) 目的が詐欺的なもの又は正当な取引とは認められないもの

(7) 自己の優位性を強調したり又は他を引き合いにしたもの

(8) 利用者が誤解するような紛らわしいもの

(9) 他人の名誉や人権を傷つけ、又は不快な印象を与える恐れがあるもの

(10) 表現が虚偽又は誇大で事実と異なるもの

(11) 内容が利用者に実害を及ぼし、又は不利益を与える恐れがあるもの

(12) 法令の規定に違反するもの

(13) 行政の信用や執行に支障をきたすもの

(14) 特定の個人の氏名を宣伝する恐れがあるもの

(15) 政治問題の主義主張を内容とするもの

(16) 特定の宗教を内容とするもの

(17) 前各号に掲げるもののほか、本町が適当でないと認めるもの

3 次の各号のいずれかに該当する広告主の広告は、取り扱わないものとする。

(1) 政治団体

(2) 宗教団体

(3) 町税を完納していない者

(4) 本町が行う指名競争入札において、入札への参加を本町が停止している者

(5) 前各号に掲げる者のほか、本町が適当でないと認める者

(寄附者の選定)

第4条 寄附者の選定にあたっては、寄附の条件、内容及び他自治体における実績等を慎重に審査して決定するものとする。

(確認書の締結)

第5条 町は、広告入り封筒の寄附の申出をした寄附者と、寄附の受入れに関し確認書を締結するものとする。

2 寄附の受入れは、確認書を締結した寄附者からに限るものとし、二者と同時に確認書を締結しない。

(広告入り封筒の変更)

第6条 寄附者は、広告入り封筒に印刷する内容等を変更しようとするときは、変更の3箇月前までに、必ず変更案を添えて町と協議を行うものとする。

(変更内容の修正)

第7条 町は前条による協議の申出を寄附者から受けた場合において、その変更内容が第3条に該当するときは、寄附者に修正を求めることとする。

(苦情の処理)

第8条 広告入り封筒に関する住民等からの苦情については、寄附者が一切の責任を負うものとする。

(回収)

第9条 町及び寄附者は、使用中の広告入り封筒の広告内容及び広告主に問題が生じた場合は、速やかに相互に通知するとともに、寄附者は当該広告入り封筒を回収し、代替の封筒を町に提供するものとする。

(確認書の解除)

第10条 町は、寄附者が本要領に従わないとき又は寄附者からの解除の申出があったときは、これを解除し、寄附者に対して広告入り封筒の全てを回収させるものとする。

(その他)

第11条 この要領に定めるもののほか、必要な事項は別に町長が定める。

附 則

この要領は、平成21年1月21日から施行する。

附 則(平成23年3月25日要領第17号)

この要領は、平成23年4月1日から施行する。

猪名川町広告入り窓口用封筒の寄附の取扱いに関する要領

平成21年1月21日 要領第4号

(平成23年4月1日施行)