○猪名川町日生中央駅前交通広場への旅客自動車運送事業を営む者の事業用自動車の乗り入れに関する要綱

平成21年3月25日

要綱第18号

(目的)

第1条 この要綱は、日生中央駅前交通広場(以下「交通広場」という。)において、タクシー事業者が、その事業用自動車(以下「タクシー」という。)を乗り入れする場合に、交通広場における一般旅客の利便性の向上とタクシー乗車の機会の確保及びタクシー事業者の秩序ある乗り入れとバス事業者の事業用自動車(以下「路線バス」という。)との共同乗り入れについて、その安全で円滑な運行を図るため、道路法(昭和27年法律第180号。以下「法」という。)猪名川町道路占用料徴収条例(昭和44年条例第25号。以下「条例」という。)猪名川町道路占用規則(昭和61年規則第6号。以下「規則」という。)及びその他別に定めのあるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 日生中央駅前交通広場 猪名川町自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例(平成8年条例第17号)及び猪名川町駐車場条例(平成9年条例第28号)の規定に基づき猪名川町が管理する区域を除く区域で、タクシー事業者のタクシー及びバス事業者の路線バスが乗り入れをし、一般旅客がタクシー及び路線バスに乗降するための施設を含む区域であって、猪名川町が管理する区域をいう。

(2) タクシー事業者 道路運送法(昭和26年法律第183号)第6条に規定する許可基準及び近畿運輸局長が定める審査基準(要介護者等の輸送サービスを行うことを条件とした福祉輸送事業に関する審査基準を除く。)に適合して、特殊な設備を有しないセダン型の一般車両を用いる通常のタクシー事業者として、一般乗用旅客自動車運送事業の許可を受けた者をいう。

(3) バス事業者 道路運送法第6条に規定する許可基準及び近畿運輸局長が定める審査基準に適合して、一般乗合旅客自動車運送事業の許可を受けた者のうち、路線定期運行(路線を定めて運行するものであって、設定する運行系統の起終点及び停留所の時刻設定が定時である運行の形態をいう。)を行う者をいう。

(4) 一般乗用旅客自動車運送事業 一個の契約により、乗車定員10人以下の自動車を貸し切って旅客を運送する事業をいう。

(5) 一般乗合旅客自動車運送事業 乗合旅客を運送する路線バス、高速バス、コミュニティバス等の一般旅客自動車運送事業をいう。

(交通広場の管理)

第3条 猪名川町は、第1条に定める目的のため、交通広場を管理するものとする。

(位置及び区画)

第4条 タクシー及び路線バス(以下「タクシー等」という。)が、交通広場において乗降場所、待機場所として駐停車する位置及び区画は、別図のとおりとする。

(乗り入れの対象)

第5条 交通広場へ乗り入れすることができるタクシー事業者又はバス事業者は、猪名川町をその営業区域とし、又は猪名川町に路線を設定する事業者とする。ただし、タクシー事業者のうち、1人1車制個人タクシーを営む者であって、猪名川町に営業所のない者は、その対象としない。

2 前項本文に定める事業者は、猪名川町にその配置するタクシー等に係る運行管理を行い、利用者への営業上の対応を行うための営業所を設置しなければならない。

3 町長は、第1項本文に定める事業者が、前項の規定により営業所を設置する場合に、必要となる条件を付すことができる。

(乗り入れの許可)

第6条 交通広場にタクシーを乗り入れしようとするタクシー事業者は、あらかじめ日生中央駅前交通広場乗り入れ許可申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)に、その他許可申請に必要となる書類を添付して、町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項及び第6項の申請書を受理したときは、その内容を審査のうえ、乗り入れさせることが適当と認める場合は、日生中央駅前交通広場乗り入れ許可書(様式第2号。以下「許可書」という。)を申請のあったタクシー事業者に交付するものとする。この場合において、乗り入れさせることが適当でないと認める場合は、該当するタクシー事業者にその事由を付して、別途通知するものとする。

3 前項の規定により許可を受けたタクシー事業者(以下「許可事業者」という。)は、申請した事項に変更が生じた場合又は次の各号のいずれかに該当する場合は、変更の内容及びその理由を記載した申請書に必要書類を添付して、町長に提出し、あらためて許可を受けなければならない。

(1) 住所(所在地)又は氏名(名称)を変更したとき。

(2) 法人の代表者が変更したとき。

(3) 法人が合併又は解散したとき。

(4) 相続により権利を承継したとき。

4 町長は、第2項前段及び第3項の規定により許可をする場合、交通広場の管理のため次の各号に掲げる行為を禁止し、必要となる条件を付すことができる。

(1) みだりに交通広場に乗り入れ、タクシー等及びその利用者に迷惑を及ぼす行為

(2) 交通広場の施設又は駐停車中のタクシー等を毀損若しくは汚損する行為又はそのおそれのある行為

(3) 許可なくはり紙、立て札などを設置し、又はこれらに類似する行為

(4) 交通広場へのタクシー等の乗り入れを妨げる行為又はタクシー等の駐停車を妨げる行為

(5) 指定の場所以外にタクシーを乗り入れ、駐停車する行為

(6) その他公序良俗に反する行為

5 交通広場へのタクシーの乗り入れにかかる許可の有効期間は、許可の日から5年以内とする。

6 乗り入れの許可期間の満了後も、引き続き乗り入れしようとする許可事業者は、その期間満了の1月前までに、申請書にその他許可申請に必要となる書類を添付して、町長に提出しなければならない。

7 交通広場への路線バスの乗り入れにかかるバス事業者の取り扱いについては、別に町長が定める。

(占用の許可等)

第7条 タクシー事業者又はバス事業者が、法第32条第1項各号に規定する占用物件を、交通広場に設置する場合及びその他占用物件にかかる定めについては、規則の規定による。

2 交通広場における許可を受けた占用物件の占用料については、条例第3条第11号の規定により、その全部を免除する。

(権利の譲渡等の禁止)

第8条 許可事業者は、合併、分割又は相続による場合のほか、交通広場への乗り入れに関する権利を、他人に譲渡し、又は転貸してはならない。

(乗り入れの許可の取消し等)

第9条 町長は、第6条第4項各号に定めるもののほか、次の各号のいずれかに該当すると認める場合は、交通広場への乗り入れの許可を取り消し、その行為を中止させ、又は必要な措置を指示し、原状に回復させることができる。この場合において、日生中央駅前交通広場乗り入れ許可取消通知書(様式第3号)により、該当する許可事業者に通知するものとする。

(1) 偽りその他不正な手段により許可を受けたとき。

(2) 関係法令又はこの要綱の規定に違反したとき。

(3) 乗り入れの許可条件に違反したとき。

(4) 公益を害する行為をしたとき又はそのおそれがあるとき。

(5) 交通広場の管理上支障があるとき。

(6) その他乗り入れさせることが適当でないとき。

2 前項の規定により、許可事業者に損害が生じても、町長はその賠償の責を負わない。

(損害賠償)

第10条 許可事業者は、交通広場の施設を毀損又は汚損した場合は、町長の定めるところに従い、速やかに原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(委任)

第11条 この要綱の施行について必要な事項は、別に町長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成21年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行日前に、猪名川町との協定により、現に交通広場へ乗り入れするタクシー事業者については、第6条第2項に規定する町長の許可を受けたものとみなし、条件を付して許可書を交付するものとする。

3 この要綱の施行日前に、猪名川町との協定により、現に交通広場へ占用物件を設けるタクシー事業者及びバス事業者については、この要綱の施行日から起算して6月が経過する日を、占用物件の設置にかかる許可の有効期間が満了する日とみなし、その場合に必要となる定めについては、第7条の規定による。

附 則(平成23年3月25日要綱第16号)

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日要綱第26号)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日要綱第15号)

(施行期日)

1 この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の際、第1条の規定による改正前の猪名川町一時保育事業利用料助成金交付要綱、第2条の規定による改正前の猪名川町赤ちゃんの駅設置事業実施要綱、第3条の規定による改正前の猪名川町移動式赤ちゃんの駅貸出要綱、第4条の規定による改正前の猪名川町ふれあい収集実施要綱、第5条の規定による改正前の猪名川町多子軽減措置に伴う償還払いによる障害児通所給付費支給要綱、第6条の規定による改正前の猪名川町グループホーム等利用者家賃負担軽減事業実施要綱、第7条の規定による改正前の猪名川町障害者等日常生活用具給付事業実施要綱、第8条の規定による改正前の猪名川町居宅生活支援事業実施要綱、第9条の規定による改正前の猪名川町地域活動支援センター事業実施要綱、第10条の規定による改正前の猪名川町国民健康保険一部負担金の減免及び徴収猶予に関する取扱要綱、第11条の規定による改正前の猪名川町日生中央駅前交通広場への旅客自動車運送事業を営む者の事業用自動車の乗り入れに関する要綱、第12条の規定による改正前の猪名川町まちづくり団体の認定及び特別指定区域の指定に関する要綱及び第13条の規定による改正前の猪名川町介護保険制度における境界層措置実施要綱に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の修正を加え、なお使用することができる。

別図

画像

画像画像画像

画像画像画像

画像画像

猪名川町日生中央駅前交通広場への旅客自動車運送事業を営む者の事業用自動車の乗り入れに関す…

平成21年3月25日 要綱第18号

(平成28年4月1日施行)