○猪名川町認定こども園助成金交付要綱

平成22年8月30日

要綱第32号

(趣旨)

第1条 この要綱は、兵庫県が定める認定こども園運営助成事業実施要綱(平成19年4月1日施行。以下「県要綱」という。)に基づき、利用者の負担軽減等を図るため、認定こども園の運営に必要な経費の一部を助成することに関し、猪名川町補助金等交付要綱(昭和49年要綱第4号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(助成対象認定こども園)

第2条 助成金の対象となる認定こども園は、就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年法律第77号)第3条の規定により、兵庫県知事等の認定を受けた施設のうち、県要綱に定める要件を満たす事業を実施している民間事業者が設置した施設とする。

2 助成を受けようとする認定こども園は、関係法令を遵守するとともに、常にこどもの最善の利益を考慮し、教育と養護の質の向上に努めなければならない。

(助成金の額)

第3条 助成金の額は、前条に規定する認定こども園に入所する児童のうち、県要綱に定める要件(県要綱に規定する長時間利用児については、当該要件のほか、猪名川町保育所における保育に関する条例(平成10年条例第10号)第2条に掲げる要件)を満たし、かつ、猪名川町の住民基本台帳に記録されている者で、他の助成制度の対象とならないもの1人につき、1月当たり県要綱に定める額とする。

2 前項の規定にかかわらず、次の各号に該当する場合は、助成金の対象外とする。

(2) 県要綱で定める助成対象定員に満たないもの

(助成金の交付申請)

第4条 助成金の交付を受けようとする認定こども園の代表者(以下「代表者」という。)は、認定こども園助成金交付申請書(様式第1号)に町長が別に定める書類を添えて、毎年10月及び翌年の4月に、それぞれの前月までの実績に応じた助成金の交付申請を行わなければならない。

(助成金の交付決定)

第5条 町長は、前条の規定による申請があったときは、目的及び内容等を審査し、第2条の規定に適合すると認めたときは、第3条の規定による額の助成金交付決定を行い、認定こども園助成金交付決定書(様式第2号)を代表者に通知するものとする。

(助成金の請求)

第6条 代表者は、前条の規定による額の決定通知を受けたときは、認定こども園助成金請求書(様式第3号)を町長に提出するものとする。

2 町長は、前項の規定に基づく請求があったときは、助成金を交付するものとする。

(実績の報告)

第7条 代表者は、当該年度が終わったときは、速やかに認定こども園助成金交付事業実績報告書(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

(助成金の返還)

第8条 町長は、既に交付した助成金について、代表者が偽り又はその他不正な手段により助成金の交付を受けたことが明らかとなったときは、助成金の全部又は一部を返還させるものとする。

(報告又は調査)

第9条 町長は、必要と認めるときは、代表者に対し報告若しくは文書その他の物件の提示を求め、又は町職員に調査を行わせることができる。

(補則)

第10条 この要綱の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成22年4月1日から適用する。

附 則(平成24年3月26日要綱第2号抄)

(施行期日等)

1 この要綱は、公布の日から施行し、平成23年4月1日から適用する。

附 則(平成24年7月2日要綱第19号)

この要綱は、平成24年7月9日から施行する。

画像

画像

画像

画像

猪名川町認定こども園助成金交付要綱

平成22年8月30日 要綱第32号

(平成24年7月9日施行)