○猪名川町ワクチン接種緊急促進事業実施要綱

平成23年2月1日

要綱第1号

(趣旨)

第1条 この要綱は、ワクチン接種緊急促進事業実施要領(平成22年11月26日健発1126第10号厚生労働省、薬食発1126第3号厚生労働省医薬食品局長通知)及びワクチン接種緊急促進基金管理運営要領(平成22年11月26日健発1126第8号厚生労働省健康局長通知)に基づき、猪名川町(以下「町」という。)がヒトパピローマウイルスワクチン(以下「子宮頸がん予防ワクチン」という。)、ヘモフィルスインフルエンザ菌b型ワクチン(以下「ヒブワクチン」という。)及び小児用肺炎球菌ワクチンの予防接種を緊急に実施するため、ワクチン接種に関し必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 この要綱は、町がワクチン接種費用を負担することで、住民の経済的負担を軽減し、疾病の発生の予防と住民の健康増進を図ることを目的とする。

(接種対象者及び回数)

第3条 子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン及び小児用肺炎球菌ワクチンの接種を受けることができる対象者及び回数は、次の表に定める回数を限度とする。ただし、接種対象となる者は、各ワクチン接種を受ける日において、町の住民基本台帳に記録されている者とする。

ワクチン種別

対象者

接種区分

回数

子宮頸がん予防ワクチン

中学1年生(13歳相当)から高校1年生(16歳相当)

施行日において高校1年生(16歳相当)の者が、平成24年度に限り高校2年生(17歳相当)も対象とする

ただし、平成24年3月31日までに、本事業に基づき1回目又は2回目の接種を行った者を加える。

3回

ヒブワクチン

生後2月以上5歳未満の者

接種開始時に生後2月以上7月未満の者

初回接種3回

追加接種1回

接種開始時に生後7月以上1歳未満の者

初回接種2回

追加接種1回

接種開始時に1歳以上5歳未満の者

1回

小児用肺炎球菌ワクチン

生後2月以上5歳未満の者

接種開始時に生後2月以上7月未満の者

初回接種3回

追加接種1回

接種開始時に生後7月以上1歳未満の者

初回接種2回

追加接種1回

接種開始時に1歳以上2歳未満の者

2回

接種開始時に2歳以上5歳未満の者

1回

2 接種方法については、予防接種法(昭和23年法律第68号)、薬事法(昭和35年法律第145号)及びその他関係法令に準じて実施するものとする。

(費用負担)

第4条 町は、医療機関が請求するワクチン接種費用の全額を負担するものとする。

(実施期間)

第5条 実施期間は、平成24年4月1日から平成25年3月31日までの間とする。

(償還払い)

第6条 接種対象者又はその保護者は、指定医療機関以外でワクチン接種した場合において、ワクチン接種費用申請書(様式第1号)に医療機関が発行した当該費用に係る領収書及びワクチン接種済証の写しを添付し、町長に提出するものとする。

2 町長は、申請の内容を審査し、適当と認めた場合は、申請者に対しワクチン接種費用決定通知書(様式第2号)により償還の決定を通知するものとする。

(補則)

第7条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成23年2月1日から施行する。

(経過措置)

2 平成23年1月1日からこの要綱の施行日の前日までの間に受けたワクチン接種は、この要綱の相当規定に基づいてなされたものとみなす。

附 則(平成24年3月30日要綱第7号)

この要綱は、公布の日から施行し、改正後の猪名川町ワクチン接種緊急促進事業実施要綱の規定は、平成24年4月1日から適用する。

附 則(平成24年7月2日要綱第19号)

この要綱は、平成24年7月9日から施行する。

画像

画像

猪名川町ワクチン接種緊急促進事業実施要綱

平成23年2月1日 要綱第1号

(平成24年7月9日施行)