○木津総合会館・清水東会館のあり方検討協議会設置要綱

平成25年3月8日

要綱第3号

(設置)

第1条 木津総合会館及び清水東会館の老朽化と町全体の人権啓発拠点施設のあり方等について調査及び検討を行うため、木津総合会館・清水東会館のあり方検討協議会(以下「協議会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 協議会は、次に掲げる事項について調査及び検討を行い、町長に報告するものとする。

(1) 木津総合会館施設のあり方に関すること。

(2) 前号に掲げるもののほか、協議会の設置目的を達成するために必要と認めること。

(3) 清水東会館の役割や機能のあり方に関すること。

(4) その他必要な事項

(組織)

第3条 協議会は、委員12人以内で組織する。

2 委員は、次に掲げる者及び団体から推薦された者のうちから、町長がこれを委嘱する。

(1) 木津総合会館運営審議会

(2) 人権・同和教育研究協議会

(3) 人権擁護委員

(4) 部落解放同盟北野支部

(5) 部落解放同盟木津支部

(6) 部落解放同盟清水東支部

(7) 大島小学校区まちづくり協議会

(8) 楊津小学校区まちづくり協議会

(9) 教育関係者

(任期)

第4条 委員の任期は、第9条に規定する設置期間が終了するまでとする。

2 委員が欠けたときは、必要に応じて委員を補充することができる。

3 補充される委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第5条 協議会に、会長及び副会長を置き、委員の互選により定める。

2 会長は、協議会を代表し、会務を総理する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき又は欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第6条 協議会の会議(以下「会議」という。)は、会長が招集し、議長となる。

2 会議は、委員の半数以上の出席がなければ開くことができない。

3 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

4 会議は、公開とする。ただし、その議決により非公開とすることができる。

(意見の聴取)

第7条 会長は、必要があると認めるときは、委員以外の者を会議に出席させ、意見を聴き、又は必要な説明若しくは資料の提出を求めることができる。

(庶務)

第8条 協議会の庶務は、地域振興部参画協働課で処理する。

(設置期間)

第9条 協議会の設置期間は、協議会としての最終的な検討結果を町長に報告した日までとする。

(補則)

第10条 この要綱に定めるもののほか、協議会の運営に関して必要な事項は、会長が協議会に諮って定める。

附 則

1 この要綱は、公布の日から施行する。

2 この要綱は、第9条に掲げる日をもって、その効力を失う。

附 則(平成25年5月1日要綱第22号)

この要綱は、公布の日から施行する。

木津総合会館・清水東会館のあり方検討協議会設置要綱

平成25年3月8日 要綱第3号

(平成25年5月1日施行)