○猪名川町妊産婦・乳幼児等訪問指導事業実施要綱

平成25年4月1日

要綱第15号

(目的)

第1条 この要綱は、母子保健法(昭和40年法律第141号。以下「法」という。)及び児童福祉法(昭和22年法律第164号)に規定する乳児家庭全戸訪問事業(以下「こんにちは赤ちゃん訪問事業」という。)に基づき、妊産婦、新生児、乳幼児及び未熟児に対して保健指導を行うこと(以下「訪問指導」という。)により安全で安心できる妊娠、出産及び育児のための環境の確保を図ることを目的とする。

(実施主体)

第2条 訪問指導の実施主体は、猪名川町とする。

(訪問指導の種類)

第3条 訪問指導の種類は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 妊産婦訪問

(2) 新生児訪問

(3) こんにちは赤ちゃん訪問

(4) 乳幼児訪問

(5) 未熟児訪問

(訪問指導従事者)

第4条 訪問指導に従事する者(以下「訪問指導従事者」という。)次の各号に掲げるいずれかの者とする。

(1) 町職員(非常勤嘱託職員の任用、勤務条件等に関する規則(平成25年規則第5号)及び臨時的任用職員の任用、勤務条件等に関する規則(平成25年規則第6号)に基づく任用をしたものを含む。)

(2) 町と新生児訪問事業を委託契約した者

(3) その他町長が認めた者

2 前項第2号の規定により町と新生児訪問事業委託契約する者は、助産師又は保健師の資格を有するものとする。

(訪問指導の対象者)

第5条 訪問指導の対象者は、猪名川町内に住所を有し、又は猪名川町以外から里帰りで滞在し、訪問を希望する全ての妊産婦、新生児、乳幼児及び未熟児とする。

(対象者の把握)

第6条 訪問対象者の把握は、次の方法により行う。

(1) 妊娠届出書の提出

(2) 保護者からの出生連絡票の提出

(3) 保護者、親族等関係者からの連絡

(4) 医療機関等の関係機関からの連絡

(5) 住民基本台帳による抽出

(6) 前各号に掲げる方法以外の方法

(訪問指導の内容)

第7条 訪問指導の内容は、次のとおりとする。

(1) 妊産婦の日常の生活指導及び異常の発生防止に関する指導

(2) 乳幼児の発育、生活環境、疾病予防等育児上必要な事項についての指導

(3) 子育て支援に関する情報提供

(4) 前各号に掲げるもののほか、町長が必要と認める内容

(結果の報告)

第8条 訪問指導従事者は、対象家庭を訪問した後、速やかに母子健康カードに訪問指導内容を記録しなければならない。

(医療機関との連携)

第9条 町長は医療機関と連絡協調を図り、訪問指導活動の円滑な推進に努めなければならない。

(補足)

第10条 この要綱に定めるもののほか、この要綱の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

猪名川町妊産婦・乳幼児等訪問指導事業実施要綱

平成25年4月1日 要綱第15号

(平成25年4月1日施行)