○猪名川町環境交流館の設置及び管理に関する条例施行規則

平成26年3月4日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、猪名川町環境交流館の設置及び管理に関する条例(平成25年条例第16号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めることを目的とする。

(施設)

第2条 猪名川町環境交流館(以下「交流館」という。)の施設は、次のとおりとする。

(1) 環境交流室

(2) 希少水生生物展示室

(3) 生態系観察ビオトープ

(開館日)

第3条 交流館の開館日は、次のとおりとする。ただし、年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)及び町長が悪天候等のため開館が困難と判断した日は除くものとする。

(1) 木曜日、金曜日、土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(2) 町長が特に必要と認めた日

2 町長が施設管理等により支障があると認めるときは、この限りでない。

(開館時間)

第4条 交流館の開館時間は、開館日の午前10時から午後4時とする。ただし、特別の理由がある場合に限り、延長又は短縮することができる。

(利用許可申請)

第5条 交流館を環境学習等に利用しようとする者は、猪名川町環境交流館利用許可申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を町長に提出しなければならない。

(利用許可)

第6条 町長は前条の申請書を受理したときは、その利用目的を検討し、適当と認めたときは猪名川町環境交流館利用許可書(様式第2号。以下「許可書」という。)を交付する。

2 町長は、第1項の利用を許可する場合、条件を付することができる。

(利用許可の変更又は取消)

第7条 申請者は、申請書の内容を変更し、又は取り消そうとするときは、猪名川町環境交流館利用変更等許可申請書(様式第3号。以下「変更申請書」という。)に許可書を添えて町長に利用期日の3日前(閉庁日の場合は翌日とする。)までに提出し、その許可を受けるものとする。

2 町長は、前項の変更申請書を受理し適当と認めたときは、猪名川町環境交流館利用変更等許可書(様式第4号)を交付するものとする。

(利用許可の制限)

第8条 町長は、次の各号の一に該当するときは、利用を許可せず、又は許可された場合にあっては、利用を取り消し、若しくは制限することができる。

(1) 営利を目的とする事業及び特定の政党や宗教の利害に関する事業

(2) 条例又はこの規則に違反したとき。

(3) 町消防署が主催する事業又は緊急やむを得ない事情により町が使用する必要があるときなど、管理上支障があるとき。

(入館者及び利用者の遵守事項)

第9条 交流館に入館した者又は利用した者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 所定の場所以外で喫煙し、又は火気を使用しないこと。

(2) 許可なくして交流館内及び館外施設において、飲食物その他の物品を販売し、又は陳列すること。

(3) 館内を不潔にしないこと。

(4) 騒音を発し、暴力を用いるなど他人に迷惑をおよぼす行為をしないこと。

(5) 所定の場所以外に出入りしないこと。

(6) その他管理者が指示すること。

(損害賠償等)

第10条 利用者は、その責に帰すべき理由により交流館及び附属設備を損傷又は滅失したときは、直ちにその理由書を町長へ提出し、町長が相当と認める損害額を賠償しなければならない。

(事故の責任)

第11条 利用者が交流館を使用することによって生じた損害、その他の事故については、利用者の責任において処理するものとする。

(指定管理者による管理)

第12条 条例第3条第1項の規定により交流館の管理を指定管理者に行わせる場合は、第5条第6条第7条第8条中「町長」とあるのは、「指定管理者」と読み替えるものとする。

(委任)

第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年9月24日規則第15号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

猪名川町環境交流館の設置及び管理に関する条例施行規則

平成26年3月4日 規則第2号

(平成27年4月1日施行)