○猪名川町後期高齢者医療人間ドック受診助成要綱

平成26年3月11日

要綱第4号

(目的)

第1条 この要綱は、猪名川町在住の兵庫県後期高齢者医療広域連合の被保険者(以下「被保険者」という。)が人間ドックの受診に要する費用の一部を助成し、被保険者の健康意識の高揚及び生活習慣病の早期発見と予防を図ることを目的とする。

(対象者)

第2条 受診の助成を受ける者は、次の各号のすべてに該当する者とする。

(1) 受診日又は受診予定日の時点で被保険者であり、猪名川町在住である者

(2) 当該年度内に高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)第20条の規定に基づく健康診査を受診していない者

(3) 納期限の到来している後期高齢者医療保険料を完納している者

2 前項の規定にかかわらず、町長が特に必要と認めた者は、受診の助成を受けることができる。

(医療機関)

第3条 受診医療機関は、町長が指定する医療機関で次のとおりとする。

(1) 市立川西病院

(2) 市立伊丹病院

(3) 川西市保健センター

(4) 宝塚市立健康センター

(5) 晴風園今井病院

(6) 衿正会生駒病院

(7) 協和会協立病院

(8) 晋真会ベリタス病院

(検査項目)

第4条 検査項目は、当該医療機関が人間ドックとして実施している項目とする。ただし、オプションの検診、検査は含まない。

(申請)

第5条 助成を受けようとする者は、被保険者証を提示し、猪名川町後期高齢者医療人間ドック受診助成券交付申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(助成方法及び助成金)

第6条 町長は、前条の規定による交付申請があった場合は、内容を審査し、適当と認めるときは、猪名川町後期高齢者医療人間ドック受診助成券(様式第2号)を交付する。

2 助成金の額は、人間ドックに要する費用の一部とし、別表に定める。

3 町長は、第2条に該当しないと確認したときは、猪名川町後期高齢者医療人間ドック受診助成券交付申請却下通知書(様式第3号)を作成し、申請者に通知するものとする。

4 受診助成は、毎年度、一人一回を限度とする。

(受診方法)

第7条 前条第1項の規定により交付認定された被保険者は、受診する医療機関に前もって予約し、受診にあたっては、助成券を提出し受診するものとする。ただし、自己負担金として人間ドックに要する費用から助成金相当額を控除した金額を受診医療機関に支払うものとする。

2 受診予定日(予約日)の受診を中止し、又は変更するときは、事前に医療機関に届け出なければならない。

(助成金の返還)

第8条 被保険者が、偽りその他不正な手段等により、助成金を受領したときは、不当に利益を受けた額の範囲内において、当該助成金を返還しなければならない。

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年2月20日要綱第6号)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

受診コース

受診場所

助成額

助成方法

備考

人間ドック

市立川西病院

受診費用の半額を助成する。ただし、32,400円を上限とする。

助成券

助成する金額に100円未満の端数が生じるときは、その端数は切り捨てる。

市立伊丹病院

川西市保健センター

宝塚市立健康センター

晴風園今井病院

衿正会生駒病院

協和会協立病院

晋真会ベリタス病院

画像

画像

画像

猪名川町後期高齢者医療人間ドック受診助成要綱

平成26年3月11日 要綱第4号

(平成27年4月1日施行)