○猪名川町地域ごみ処理問題検討協議会設置要綱

平成29年3月10日

要綱第6号

(設置)

第1条 高齢者や精神疾患などの障がいのある者、地域で孤立してしまった者など、経済的、身体的及び精神的な理由等により、自力によるごみ処理が困難なため、著しく生活環境や地域環境に影響を及ぼしている世帯又はその可能性がある世帯(以下「対象世帯」という。)に対して、ごみ処理支援対策を検討するため、猪名川町地域ごみ処理問題検討協議会(以下「協議会」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 この協議会の所掌事務は、第4条の会議以外に対象世帯との合意を基に次のとおりとする。

(1) ごみ処理の分別、積み込み、運搬及び処理などの活動

(2) 対象世帯への相談、見守り及び支援(ケアを含む。)活動

(3) 対策した結果を踏まえた新たな対応策の調査研究活動

(4) その他、協議会が必要と判断した活動

(構成員)

第3条 協議会の構成員は、次の地域関係者、関係機関及び町関係課の職員などとする。

(1) 対象世帯地域民生委員

(2) 対象世帯地域自治会長

(3) 対象世帯地域自治会衛生委員

(4) 猪名川町社会福祉協議会

(5) 福祉課

(6) 住民保険課(健康づくり室)

(7) 参画協働課

(8) 産業観光課(環境対策室)

(9) 川西警察署

(10) その他関係機関の関係者

(協議会の開催)

第4条 この協議会は、第1条に規定する対象世帯があることが確認されたとき、又は未然防止のため対策方針などを検討する場合に会議を随時開催するものとする。ただし、対象世帯への支援等以外の目的で協議会を開催する場合は、前条第1号から第3号の地域関係者については、その構成員で構成されている地域団体からの代表者が参加して開催することができるものとする。

(事務局等)

第5条 この協議会の会議の招集及び運営に係る事務は、産業観光課環境対策室が担当するものとする。

(補則)

第6条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、協議会で決定するものとする。

附 則

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

猪名川町地域ごみ処理問題検討協議会設置要綱

平成29年3月10日 要綱第6号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8類 生/第6章 環境保全
沿革情報
平成29年3月10日 要綱第6号