○「猪名川町役場本庁舎広告付き案内板」への広告掲載の取扱いに関する基準

平成29年1月19日

基準

(趣旨)

第1条 この基準は、猪名川町役場本庁舎広告付き案内板設置及び管理運用等事業契約書に基づき広告付き案内板(以下「案内板」という。)に掲載する広告に関し、必要な事項を定めるものとする。

(広告を掲載することができない者)

第2条 広告を掲載することができない者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第2項に規定する風俗営業者(同条第1項に規定する風俗営業を事実上営むものを含む。)

(2) 暴力団等の非合法組織及びその関連組織(現に法人格を有する組織で、過去においてそれらの組織であった者を含む。)

(3) 猪名川町指定金融機関若しくは猪名川町収納代理金融機関又は株式会社ゆうちょ銀行以外の金融機関(金融機関以外の金融業を営む者を含む。)

(4) 猪名川町(以下「町」という。)に納付すべき町税を滞納している者

(5) 過去に社会的信用失墜行為があり、又は現に社会的信用失墜行為となるおそれがある行為があった者

(6) 指名競争入札参加者の指名を停止されている者

(7) 会社更生法(平成14年法律第154号)に基づき更生手続開始の申立てをしている者又は申立てをなされている者(ただし、同法に基づく更生手続開始の決定を受けた者を除く。)

(8) 現在、町と係争中の者

(9) 前各号に掲げるもののほか、町が不適当と認める者

(広告掲載の基準)

第3条 案内板には、次の各号のいずれかに該当する広告は掲載しないものとする。

(1) 法令、判例等で認められた権利を侵害し、又はそのおそれがあるもの

(2) 法令等の規定に違反し、又はそのおそれがあるもの

(3) 差別を容認し、助長し、若しくは誘発し、又はそのおそれがあるもの

(4) 町の信用を害し、若しくは町の品位を損ない、又はそのおそれがあるもの

(5) 政治活動又は宗教活動に係るもの

(6) 個人又は法人その他の団体の意見又は宣伝に係るもの

(7) 公の秩序又は善良な風俗を害し、又はそのおそれがあるもの

(8) 町が推奨するとの誤解を与え、又はそのおそれのあるもの

(9) 広告する商品本来の使用目的から逸脱し、いたずらに享楽的な面を強調するもの

(10) 風紀上好ましくない表現があるもの

(11) 男女間の交際を仲介すること等を目的とするもの

(12) 消費者保護の観点から適切でないもの又は犯罪行為を容認・誘発するおそれのあるもの

(13) 広告の目的が正当な取引とは認められないもの

(14) 自己の優位性を強調するために他を中傷するもの又は引き合いとするもの

(15) 町が広告をしているような誤解をあたえるもの又は広告内容を誤認させるような紛らわしい表現のあるもの

(16) 他人の名誉を傷つけるおそれのあるもの又は不快な印象を与えるおそれのあるもの

(17) 非科学的と考えられるようなもの又は事実と異なるもの

(18) 個人の氏名を宣伝するおそれがあるもの

(19) 求人広告又はこれに類するもの

(20) 前各号に掲げるもののほか、町が案内板に広告を掲載することについて不適当と認めるもの

(広告掲載の申込み方法)

第4条 広告の募集、申込受付及び掲載については、案内板設置業者(以下「設置業者」という。)が取り扱うものとする。

2 設置業者は、広告を掲載しようとする者(以下「申込者」という。)に、猪名川町本庁舎広告付き案内板広告掲載申込書(以下「申込書」という。)を提出させなければならない。

3 設置業者は、申込書を受け付けたときは、前2条の規定に基づき、広告主及び広告の掲載内容の適否を判断し、適当と認める場合は、申込書及び掲載する広告の原稿を町に提出し、承認を受けなければならない。

4 設置業者は、前項の承認を受けたときは、速やかに申込者に通知しなければならない。

(広告料等)

第5条 広告主は、前条の規定に基づき広告を掲載するときは、広告主と設置業者とで別に契約した金額を契約した支払方法にしたがい、設置業者に支払わなければならない。なお、広告原稿の作成及び掲載等に要する費用は、広告主の負担とする。ただし、事情があって、町が設置業者との契約を年度途中で解約した場合は、設置業者との契約内容を基本として、設置業者と広告主の間で広告掲載料金等について協議する。

(広告の掲載場所等)

第6条 案内板の設置場所は、本庁舎1階町民ホールとし、広告の掲載位置については、設置業者が町と協議して決定するものとする。

(広告の規格等)

第7条 広告枠部分には広告を表示し、写真、名称、所在又は電話番号等について表示することができる。

2 地図上に広告主の所在を表示する場合は、地図上の地点と広告枠の広告が見つけやすいよう番号等で一致させておくこと。

3 広告枠は案内板本体の2分1程度とし、一枠が極端に大きくならないようにすること。その他詳細については別に定める。

(広告掲載の取消)

第8条 町は、次の規定に該当する場合、広告掲載を取り消すことができる。

(1) 広告主が第2条各号のいずれかに該当するものとなったとき。

(2) 広告主が倒産等により広告の掲載が不要になったとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、町が広告を掲載することが不適当であると認めたとき。

附 則

この基準は、平成29年4月1日から施行する。

「猪名川町役場本庁舎広告付き案内板」への広告掲載の取扱いに関する基準

平成29年1月19日 基準

(平成29年4月1日施行)