○稲城市庁用バス使用規程

平成10年3月26日

訓令第1号

(目的)

第1条 この規程は、稲城市庁用バス(以下「庁用バス」という。)の使用及び運行管理について必要な事項を定めることを目的とする。

(管理責任者)

第2条 庁用バスの管理責任者は、総務部財産管理課長(以下「財産管理課長」という。)とする。

(使用範囲)

第3条 庁用バスの使用範囲は、次のとおりとする。

(1) (市議会及び各行政委員会を含む。以下同じ。)が行政事務遂行のため使用するとき。

(2) 市が主催又は共催する諸事業に使用するとき。

(3) 老人、身体障害者及び知的障害者の福祉増進のため使用するとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市政運営に協力又は援助する団体等で、特に課長(課長相当職を含む。以下同じ。)が公益目的のために使用を認めたとき。

(運行範囲)

第4条 庁用バスの1日当たりの走行距離は、500キロメートル以内とし、使用日数は、2日以内とする。ただし、財産管理課長が使用目的の特殊性その他特別な事由があると認めた場合は、この限りでない。

(運行時間)

第5条 庁用バスの1日当たりの運行時間は、9時間以内とする。ただし、財産管理課長が特別の事由があると認めた場合は、この限りでない。

(年間運行計画表の提出)

第6条 課長は、第3条第1号及び第2号の規定に基づき庁用バスを使用する場合には、事前に当該課長の所管する事務事業における庁用バスの年間使用予定計画を作成し、当該年間使用計画を記載した庁用バス年間運行計画表(様式第1号)を財産管理課長に提出するものとする。

(使用の申請)

第7条 庁用バスを使用しようとする者(以下「申請者」という。)は、あらかじめ庁用バス使用申請書(様式第2号。以下「使用申請書」という。)を財産管理課長に提出しなければならない。この場合において、使用申請書には、乗車人員及び運行経路が記載された資料その他財産管理課長が必要と認める資料を添付するものとする。

2 第3条第3号及び第4号の規定に基づき使用する場合、使用申請書は、当該団体等に係る事務を主管する課長を経由し、当該課長の確認を経て財産管理課長に提出するものとする。

3 第4条ただし書及び第5条ただし書の規定により庁用バスを使用する場合には、使用申請書に課長が作成した理由書を添付するものとする。

4 使用申請書の提出は、使用しようとする日(以下「使用日」という。)の属する月の3月前の月の初日から使用日の属する月の1月前の初日までとする。

(使用の許可)

第8条 財産管理課長は、前条の規定により提出された使用申請書の内容を審査し、次に掲げる事項を確認のうえ、使用の可否を決定し、申請者に通知するものとする。

(1) 乗車人員が庁用バスの定員(運転手を除く。)の半数以上であること。

(2) 運行範囲が第4条の規定を満たしていること。

(3) 第4条ただし書及び第5条ただし書の規定により使用する場合には、前条第3項の規定による理由書が添付されていること。

(申請後の変更)

第9条 申請者は、使用の申請後に使用申請書の記載事項に変更が生じた場合には、速やかに財産管理課長に届け出なければならない。

(許可後の変更等)

第10条 財産管理課長は、自然条件、庁用バスの故障その他特別な事由が生じたときは、使用許可後においても使用日時を変更し、又は使用許可を取り消すことができる。

2 前項の規定による使用日時の変更又は使用許可の取消しによって生じた損害については、一切責任を負わないものとする。

(主管課長の経由)

第11条 第7条第2項の規定に基づく使用申請に係る第8条から前条までの手続等は、課長を経由して行うものとする。

(添乗責任者等)

第12条 申請者は、あらかじめ添乗責任者及び運行協力者を定め、庁用バスの運行中、その運転に支障をきたさないよう運転手に積極的に協力させなければならない。

2 添乗責任者は、庁用バスの使用上の責任者として、庁用バスの使用が完了するまでの間、最善の注意を払わなければならない。

3 運行協力者は、添乗責任者のもとで運転手に協力し、次の各号に掲げる任務に当たる。

(1) 乗車中及び乗降時の利用者の世話(介護を含む。)並びに車内秩序の維持

(2) 踏切、駐車場等における庁用バスの誘導

(3) 使用中の整頓及び使用後の清掃

(秩序)

第13条 庁用バスの利用者は、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 乗車人員は、庁用バスの定員以内とすること。

(2) 車内では、酒類を飲まないこと。

(3) 車内には、火薬、油類等の危険物を持ち込まないこと。

(4) 運行中は、運転手並びに添乗責任者及び運行協力者の指示に従って行動すること。

(乗車拒否等)

第14条 運転手及び添乗責任者は、前条各号に定める事項を遵守しない者については、その者の乗車を拒否し、又は降車を命ずることができる。

(経路変更の禁止)

第15条 運転手及び添乗責任者は、出先において、道路事情の悪化等の場合を除き、許可を受けた運行経路を変更してはならない。

(委任)

第16条 この規程に定めるもののほか、庁用バスの使用及び運行管理に関して必要な事項は、財産管理課長が別に定める。

付 則

1 この訓令は、平成10年4月1日から施行する。

2 この訓令施行の際現に稲城市庁用バス使用規則を廃止する規則(平成10年稲城市規則第10号)による廃止前の稲城市庁用バス使用規則第8条に基づき庁用バス使用申請書を提出した者及び同規則第9条第2項の使用許可の通知を受けた者は、それぞれ第8条に基づき申請書を提出した者及び第9条の使用許可の通知を受けた者とみなす。

付 則(平成11年訓令第1号)

この訓令は、平成11年4月1日から施行する。

付 則(平成19年訓令第1号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

付 則(平成23年訓令第8号)

この訓令は、平成23年8月1日から施行する。

付 則(平成26年訓令第7号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令による改正前の稲城市庁用バス使用規程様式第1号及び様式第2号による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

付 則(平成30年訓令第4号)

(施行期日)

第1条 この規程は、平成30年10月1日から施行する。

(経過措置)

第2条 この規程の施行の際、この規程による改正前の稲城市庁用バス使用規程様式第1号及び様式第2号の規定による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

様式第1号(第6条関係)

 略

様式第2号(第7条関係)

 略

稲城市庁用バス使用規程

平成10年3月26日 訓令第1号

(平成30年10月1日施行)