○稲城市職員安全衛生委員会規程

平成3年6月1日

訓令第2号

(目的)

第1条 この規程は、稲城市職員安全衛生管理規則(平成3年稲城市規則第25号)第26条の規定により、稲城市職員安全衛生委員会(以下「委員会」という。)の組織運営に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(所掌事項)

第2条 委員会は、次に掲げる事項を調査審議し、市長に意見を述べるものとする。

(1) 職員の危険及び健康障害を防止するため、基本となるべき対策に関すること。

(2) 公務災害の原因及び再発防止対策に関すること。

(3) 職員の安全及び衛生に関する規程の作成に関すること。

(4) 健康診断の結果及びその結果に対する対策の樹立に関すること。

(5) 前4号に掲げるもののほか、職員の危険及び健康障害の防止に関すること。

(組織)

第3条 委員会は、委員長、副委員長及び委員をもって構成し、それぞれ次に掲げる者をもって充てる。

(1) 委員長 総務部長

(2) 副委員長 職員組合執行委員長

(3) 委員 総務部総務契約課長

総務部人事課長

福祉部子育て支援課長

福祉部児童青少年課長

都市建設部都市計画課長

教育部教育総務課長

教育部生涯学習課長

教育部学校給食課長

消防本部消防総務課長

市立病院事務部管理課長

職員団体の推薦する者 3人

(委員長及び副委員長の職務)

第4条 委員長は、会務を総理し、会議の長となる。

2 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき、又は欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第5条 委員会は、委員長が招集する。

(定足数)

第6条 委員会は、委員の半数以上の出席がなければ会議を開くことができない。

(意見聴取等)

第7条 委員会は、必要があると認めるときは、安全管理者、衛生管理者、産業医を委員会に出席させ、安全管理若しくは衛生管理に関する資料等を提出させ、又は意見等を聴取することができる。

(結果報告等)

第8条 委員長は、会議が終了したときは、市長にその結果を報告し、又は意見を具申しなければならない。

(議決事項の尊重)

第9条 市長は、委員会の意見を尊重し、議決事項について、速やかに措置をするよう努めなければならない。

(記録及び保存)

第10条 委員会が調査審議した事項は、記録し、保存しなければならない。

(庶務)

第11条 委員会の庶務は、総務部人事課において処理する。

(補則)

第12条 委員会の運営について必要な事項は、この規程に定めるほか、委員会の議決を経て市長が定める。

付 則(平成7年訓令第5号)

この規程は、平成7年11月10日から施行する。

付 則(平成8年訓令第2号)

この訓令は、平成8年8月1日から施行する。

付 則(平成13年訓令第10号)

この訓令は、平成13年4月1日から施行する。

付 則(平成18年訓令第3号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

付 則(平成23年訓令第3号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

付 則(平成24年訓令第6号)

この訓令は、公布の日から施行する。

付 則(平成26年訓令第4号)

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

稲城市職員安全衛生委員会規程

平成3年6月1日 訓令第2号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第4章 職員厚生
沿革情報
平成3年6月1日 訓令第2号
平成7年11月10日 訓令第5号
平成8年7月5日 訓令第2号
平成13年3月31日 訓令第10号
平成18年3月23日 訓令第3号
平成23年3月31日 訓令第3号
平成24年4月1日 訓令第6号
平成26年3月19日 訓令第4号